【口コミ・評判】オンライン中国会話 CCレッスンを使ってみた感想

オンライン中国語会話レッスンを使ってみた

中国語が上達するためには、やはり

中国人のネイティブと会話するのが一番ですよね。

僕自身、鼻息荒く中国に乗り込んでみましたが、

ネイティブと絡むのが結構難しいことが判明。

中国語の授業では中国語を勉強している留学生たちと1人の中国語ネイティブの先生しかいません。

そのため、日常的に絡む中国語のネイティブが圧倒的に少ないことに気が付きました。

もちろん、生活の中で買い物をしたりすると、ネイティブに絡むっちゃ絡むのですが、日常会話を始めたりすることはありません。

そこで使ってみたのが、

オンライン中国語会話サービスの「CCレッスン」ですね。

 

オンライン中国会話 CCレッスンを使ってみた感想

合計でこのサービスで10レッスンほど受けてきましたので、今日はその感想を書いておきたいと思います。

 

2回の無料レッスンが体験できる

初めてオンライン中国語会話サービスを利用する方は、どんな感じか気になりますよね。

実はこのCCレッスンでは、

2回まで無料で授業を受けられます。

ポイント制になっていて、会員登録をした時点で650ポイント貰えます。

そして、体験では1レッスンあたり300ポイント使うので、合計2回体験レッスンが受けられるわけですよ。

2回は同じ先生でもいいですし、違う先生で試しても構いません。

もし、この体験レッスンでCCレッスンのスタイルが気に入れば有料会員になればいいと思います。

 

WeChatでもSkypeでもOK

CCレッスンはオンライン中国語会話サービスなので、

SkypeまたはWeChatを使ってレッスンをやっていきます。

僕自身、Skypeは普段使っておらず、中国ではWeChatで連絡を取っていますので、WeChatのに対応している点が助かりました。

自分のQRコードをサイト上にアップロードしておけば、レッスンを予約したら先生から友達を追加してくれますので問題ないです。

このWeChatやスカイプのテレビ電話機能でレッスンを受けていくことになります。

 

レッスン料金は安い

先程申しましたようにCCレッスンはポイント制。

有料体験期間が終わると、1レッスンあたり600ポイントかかるようになります。

レッスンのためにポイントを購入せねばなりません。

やはり大量のポイントを一気に購入した方が1ポイントあたりの料金は安くなりますので一概には1レッスン何円と言えません。

例えば、3000円(税別)で3050ポイントを購入した場合、5回レッスン受けられるので、

1レッスンあたり600円(税別)

で受けられますね。

 

また、毎日プランという月額定額生も用意されています。

これは1か月の定額で、8900円(税別)かかりますが、毎日1レッスン受け放題。

仮に30日すべて受けた場合、1レッスンあたり297円(税別)ほどで受けられることになります。

やはり、リアルの中国語教室に通う場合と比べると費用を抑えられているのがいいですよね。

 

25分のレッスンはちょうどいい

CCレッスンでは1レッスン25分。

25分と聞くと、ちょっと短いと思うかもしれませんが、

1:1の中国語会話なのでけっこう十分です。

僕は毎回冷や汗をかきながら話していたためなのか、時計の進みが遅く、毎回濃厚な授業を受けさせてもらいました。

長すぎず短すぎず、ちょうどいい時間の設定だと思います。

 

複数の先生から選べる

CCレッスンでは、色々な先生から自由に選べます。

先生のプロフィールには、

  • 話せる言語
  • 性別
  • 自己紹介文
  • 写真
  • 他の生徒からの評判

が掲載されていて、判断基準が多くて助かりますね。

オープンな時間帯があればすぐにその先生のレッスンを予約できますよ。

CCレッスンでは圧倒的に女性の講師が多く、男性講師はかなり少数でしたね。

 

日本語を話せる人もいる

大体半分ぐらいの講師が日本語を話せるようでした。

もし、僕と同じように中国語をしゃべる恐怖がある方は、日本語対応の先生から始めてみるといいかもしれませんね。

ただ、あえて中国語しか喋れない先生を選んで果敢に挑戦していくのもありだと思います。

 

チャットで補足してくれる

このオンライン中国語会話サービスでよかったのが、

新しい単語や表現をチャットで補足している点ですね。

話し言葉で発音されても

「ええ、何それ」

と今まで聞いたことがない単語や文法の表現でできた場合、どうしようもありません。

しかし、このCCレッスンなら、

先生がチャットに打ち込んでくれるので、新しい表現や単語を書き言葉で確認できるのがありがたかったですね。

しかも、チャットに記録が残るので、アプリを見返せばレッスンの内容を復習できるわけですよ。

 

フリートークまたはテキストでレッスン

じゃあ、どのようなレッスンをしていくのかというと、それもまた個人で選ぶことができます。

CCレッスンでは、

  1. フリートーク
  2. テキストのレッスン

の2種類。

僕は笑テキストを特に持っていなかったので、全部フリートークで授業してもらいました。

もし、今持っているテキストで授業してほしい

という場合は、レッスン予約時に教科書の名前を伝えれば対応してもらえると思いますよ。

 

マイクを使ってくれる先生が少ない

難点を挙げるとすれば、音声が聞きづらかった先生が多かったことですね。

僕の中国語のリスニング力はまだまだゴミレベルなのが相まって、

そもそも音声が不明瞭で聞き取りづらい

ということが多々ありました。

中国でいうと、

听不清楚

というやつです。

 

ただ、中にはマイクを使ってくれる先生がいて、非常に聞き取りやすかったのが良かったですね。

マイクを使ってくれる先生かどうかを判断するには、

プロフィール写真にマイクを付けて写っているかで判明するといいと思います。

特に僕のような初心者にとってはこのマイクの有無が結構キモになります。

 

朝も夜もレッスンOK

忙しいビジネスパーソンでもオンラインレッスンできるように、

朝も夜も授業を受けられるようでした。

朝は6時から、

夜は0:30時までOK。

どの時間帯にレッスンを受けられるかは先生にもよるんですが、早朝でも夜遅くでも中国語の勉強ができる体制が整っているのは非常に良いと思いましたね。

 

中国会話の練習する前にやるべきことはもっとあった

以上がオンライン中国語会話サービスのCCレッスンのレビューでした。

やはり一対一で中国のネイティブと話せる機会がもらえたのは良かったですね。

ただ、僕自身やってみて、

自分はまだ中国語会話するレベルに至っていないんだな

ということに気がつきました。

やはりどの先生と話していても、

単語や文法の問題

に行き着きました。

この単語と文法のベースができていない状態で会話の練習をしても効果が得られにくいと思いました。

 

英語ならば、中学三年間でみっちり勉強してきたので、あとは使い方は習うだけでした。

しかし、中国語はその基礎がまだ出来ていないので会話はまだ早かったかなぁとこの経験を通して感じました。

だから、中国語の会話ができない焦りは一旦封印し、まずは基礎を徹底的に固めていこうと決心しました。

ただ、今回、僕は全部フリートークで授業を受けてしまったのが要因かもしれません。

CCレッスンでは、教科書を使ったテキストのレッスンも受けられます。

テキストの授業ならば語彙や文法の能力が足らなくても、テキストを元に先生が解説してくれると思います。中国語初心者の方はテキストの授業の方がいいかもしれませんね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です