【徹底検証】中国で売られている牛乳は美味しくないのか?

 

先日、中国のインバウンド消費について書かれた「中国草食セレブの実態」という本を読み終わりました。

中国に住んでいる身として、中国事情がリアルに描かれていて納得して腑に落ちることがしばしば。ただ、今まで知らずに驚いたのが

日本に来る中国人は牛乳を必ず飲む

という冒頭のストーリー。

訪日観光客曰く、

「中国語の牛乳は水みたいで美味しくない」

だそうです。

日本の牛乳は濃厚でおいしいのです。「これを飲んでしまうと、中国の牛乳が水みたいに感じる」「牛乳嫌いだった5歳の息子が、日本では牛乳を飲みたがるのでビックリした」といった記事が、ネット上にあふれています。味の問題だけでなく、安全性の問題もあります。中国では10年前、化学物質メラミンが粉ミルクに混入した事件がありました。牛乳というのは、いわば「食の安心・安全」問題を象徴する存在なのです。まだまだ国産品を信用しきれない。「健康のために、牛乳はなるべく飲まないようにしている」という人もいるぐらいなのです。

袁静. 中国「草食セレブ」はなぜ日本が好きか (Japanese Edition) (Kindle の位置No.40-45). Kindle 版.

むしろ

「日本に行ったら牛乳を飲まない理由はない」

というぐらいです。

では、どうして中国人は日本で必ず牛乳を買うのでしょうか?『行楽』読者に「どうして日本で牛乳を飲むのですか?」と質問してみたのですが、「飲まないほうがおかしいでしょう。なんで理由を聞く必要があるの?」という反応が大半でした。もう理由を考える以前の問題だと

袁静. 中国「草食セレブ」はなぜ日本が好きか (Japanese Edition) (Kindle の位置No.37-40). Kindle 版.

 

どれほど日本と中国の間に「牛乳格差」があるのか知りたくなり、実際に中国現地で牛乳を買ってみました。

 

僕は購入したのはこちらの牛乳。

近所の商店で6元で売られていたものです。

生産地は内モンゴルで、加工工場は北京、山東省などなど。

つまり、生産も加工も中国国内で行われいる紛れもない中国産の牛乳だったのです。

 

「水みたいだ」というレビューを読んだ後に牛乳を飲んだので、ものすごく期待値は低かったのですが、

「うん、そんなに悪くないじゃん」

というのが最初の感想です。

確かに日本の牛乳のように濃厚さはなく、どちらかというとあっさり系の牛乳。日本で販売されている低脂肪牛乳のような味わいです。

かといって低脂肪牛乳でもないらしく、ラベルを見てみると、

100 ml 中に「たんぱく質3.6g」、それを上回る以上の脂質が「4.4g」含まれているではありませんか。

ラベルを見てみても、低脂肪牛乳というわけではなさそうです。

ただ、中国の牛乳は決してまずいというわけではありませんでした。

うーん、でも確かにもう一度飲みたいかと言われれば、そうは思わない気がします。

 

しかしながら、これは日本でも牛乳を辞めていた僕の一意見。

非牛乳野郎だったのでそんなに日本の牛乳にこだわりはなく、中国に来てからも牛乳を求めませんでした。

いやあ、どうなんだろう。

そんなに悪くないじゃん、中国の牛乳。

うーんでも、日頃から牛乳飲んでないとわからないのかな、日本と中国の牛乳の違いは。

今回の検証では、日中の牛乳の違いがそれほど感じなかったのが事実。

牛乳ファンの方は中国に来たらぜひ現地の牛乳を飲み比べしてみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です