日本人にとって中国の大晦日(12月31日)は寂しすぎるよ




 

今日は2020年12月31日。

2020年も最後の1日ですね。

コロナの影響もあり、日本でおとなしく大晦日を過ごしましたが、なかなかは最高ではありませんか。

大掃除をしたり、年越しそばを食べたり、

紅白歌合戦を鑑賞したり、と。

 

伝統行事をこなしながら年を越すのは幸福感たっぷり。

明日から新世界の幕があけるワクワク感があり、12月31日ははなかなか好きな1日です。

 

日本で大晦日を過ごしていたら、昨年の「中国での大晦日(12月31日)」を思い出しました。

中国は「旧正月」を祝う文化です。

日本と同じような改暦後の正月(1月1日)を祝いません。

カレンダーが「1月1日」になっても「新年が始まったと考えない」のです。

「12月31日」は普通の日に過ぎません。

 

中国の1月1日は「元旦」という休みには一応、なっています。

深圳大学の図書館も、1月1日の元旦は閉館。

ただ、12月31日はオープンしていましたし、 1月2日から通常営業。

中国では年越しが無かったかのように、時が進んでいたのです。

 

わたし自身、初めて中国で過ごす12月31日でした。

12月31日に期末テストがおこなわれ、2019年の秋学期が終了。

4ヶ月におよぶ修行が終わったこともあり、

ようやく羽を伸ばせる・・・・!

と思って大晦日を楽しみにしていたのですが、12月31日になっても誰も祝っていません。

誰もドキドキしていないのが、社会全体から伝わってくるではありませんか。

12月31日にあるはずの「緊張感」が伝わってこないんですね。

 

結局、大晦用の料理があるわけではなかったので、安い料理屋で肉ボールを注文して終了。

大人しく帰路に着きましたが、あまりにも寂しかったので、紅白歌合戦オンラインで鑑賞しようと試みました。

しかし、紅白歌合戦のサイトは「国外からのアクセスをブロック」しているようで、

この映像は日本国内のみでしか閲覧できません

とエラーが発生。

NHKにブロックされ、何も祝わず、いつも時間通り就寝したのでした。

 

以上の文章から「日本人が中国で過ごす12月31日」の孤独感が伝わった、と願います。

大晦日の「ワクワク」は、周囲に大きく影響されるものだ、と気付いたのです。

誰も祝わない1月1日を1人で祝っても、全く楽しくないのです。

誰かと祝うから、1月1日はめでたいのです。

 

おそらくですが、中国で12月31日を過ごしている日本人は、十中八九、孤独を感じているでしょう。

したがって、わたしのおすすめは

12月31日は日本に帰国し、「三が日」が終了したら中国に戻り、旧正月の大晦日は中国で過ごす

です。

これならば新正月と旧正月の2回正月を味わえます。

12月31日は無理して中国にとどまらず、日本で過ごしましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。