中国語検定は受検票がなくてもなんとかなる




 

先日、中国語検定3級を受検してきましたが、1つ困ったことが発生。

 

それは、

受検票が手元にない

という事態です。

人によって様々な理由があると思いますが、わたしの場合、誤った登録住所(実家)に届けられてしまったのです・・・!

父母に連絡し、受検表の情報は把握できましたが、現物が手元にありません。

 

そこで、受検票なしで受検する方法を模索したところ、全然ありました。

その答えは、受検前に届く

中検_受検票発送のお知らせ

というメールに書いてありました。

このメールを受検票に代えることもできます。
ただし,スマートフォン等での画面表示は受検票とみなしません。

なるほど。

このメールを印刷すれば受検票の代わりになる、と。

クソ不安でしたが、コンビニでメールを印刷し、会場に持参してみました。

 

その結果、楽勝で受検できたんです。

一応、印刷紙をテーブルに置いたまま受検しました。

ただ、受検票が実際に確認されることはありませんでした。

本人確認はリスニング終了後の顔チェックのみです。

むしろ、

受検番号・試験会場さえわかればどうにかなったのです。

すばらしいですね。

全検定試験が中国語検定のシステムを採用してほしい、と願うばかりです。

 

しかも、メールの印刷を忘れても大丈夫です。

なんと、現地で受検票を発行する道も用意されていました。

ただ、現地発行すると通常よりチェックインに時間がかかります。

会場入りに手こずるかもしれません。

わたしのオススメは

  • 受検票を忘れず持っていく
  • メールを印刷して持っていく

のをいずれかです。

 

それでは、よい中国語検定を

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。