僕が目にした中国でのクリスマスの過ごし方




この目で見てきた中国のクリスマスの過ごし方

2019年8月から中国の深センに留学し、2020年1月に日本に一時帰国。

そこから新型コロナウイルスの影響で中国へ帰れなくなって、もうすぐ1年がたとうとしています。

日本ではクリスマスのムードになっていて、町中に至るところでクリスマスソングが流れ、大型のツリーは飾られ、恋人たちは高級ホテルを予約し、友達同士でプレゼント交換をしあう時期になりましたね。

世間で流れる「クリスマス祝賀ムード」に若干辟易し始めていますが、そこでふと、1年前に過ごした中国のクリスマスを思い出しました。

一体、僕が過ごした中国の深セン付近ではどのようなクリスマスの過ごし方だったんでしょうか?

 

ツリーは滅多に見かけない

クリスマスツリー?

そんなの滅多に見かけません。

いや、むしろ11月のハロウィンの展示がまだ街に残っちゃってるぐらいいい加減な季節感で、クリスマスのツリーは街に見受けられませんでした。

唯一、クリスマスツリーを発見したのは、僕が住んでいた学生寮。

僕が住んでいた学生寮は多くの外国人学生が入居している特殊な学生寮だったこともあって、その1Fに小型ツリーが設置されていたのです。

じつは、このクリスマスツリーが僕が中国の深センで見かけた唯一のツリーだったんです。

 

クリスマスソングは聞こえてこない

中国では町中のいたるところでクリスマスソングが・・・・かかりません。

唯一、僕が耳にしたのは、

中国のスターバックスですね。

中国ではスターバックスが爆発的人気を誇り、至る所に見受けられます。ただ、コーヒーのお値段は高く、一食分の飯ぐらいしますので、金銭的余裕がある方しか入れない場所。おそらく、その高級感、特別感が中国でスターバックスが受け入れられている理由なのでしょう。

もう、ほんと、この場所でぐらいしかクリスマスソングは聞かれませんでした。

 

中国の若者はどうやってクリスマスを祝っていたのか?

それでは僕が滞在していた深圳大学の若者たちはどのようにクリスマスを祝っていたんでしょうか?

大学付近の学生寮に住んでいることもあり、12月24日・25日のクリスマスのシーズンは、大学付近で過ごしていたので、密かに大学生を観察していたんです。

ズバリ言ってしまうと、

ひとっこひとり、誰一人としてオープンにクリスマスを祝っている輩はいませんでした。

これまでと変わらない日常を粛々と過ごしていたんですね。

 

ただし、唯一見かけたのは、4人。

24日か25日の夜にキャンパス内をジョギングしていた時のことです。

いつものジョギングコースの芝生に、4人組の学生が超暗闇の中でひっそり芝生の上に小型のレジャーシートを敷いて、サンタクロースのコスプレをしてひっそりとクリスマスパーティーを楽しんでいました。

屋外で、レジャーシートを敷いて、しかも1組しか祝ってなかったですね。

ほんと、見かけたのはそれぐらい。

中国の大学生はクリスマスに見向きもしていないようでした。

 

それじゃあ一体、クリスマスの夜にみんな何をしていたのでしょうか?

それは勉強です。

図書館や自習室スペースはいつも通り夜遅くまで学生がつめかけて、机に本を積み上げ、机に向かってシコシコ勉強しているではないですか。

クリスマスの夜だけに限りませんが、中国語学生の学習のストイックさには驚かされるものがあります。

 

中国でクリスマスを過ごしたら、日本のクリスマスの本質が見えてきた

という感じで、中国のクリスマスの過ごし方はすこぶるシンプル。

中国に住んでいると、もはやクリスマスであることを忘れてしまう雰囲気なんです。

いや、「クリスマスを忘れさせてくれる環境だった」と言えましょう。

 

昨年度はこのようにクリスマスを中国で過ごしていたこともあり、今年度迎えた日本のクリスマスはじつに2年ぶり。

この日本のクリスマスに少し疲れを感じてしまったのです。

 

  • なぜにみんなでクリスマスを祝わないといけないのか?
  • なぜ恋人たちはホテルに宿泊しなければならないのか?
  • なぜフライドチキンを食べなきゃいけないのか?
  • なぜクリスマスソングを嫌という程聞かなければならないのか?

 

新鮮な目で日本のクリスマスを体験すると、日本のクリスマスの本質に気づきました。

それは、

「周囲と同じことをしようぜ」という同調圧力の塊だったのです。

 

2年ぶりに過ごした日本のクリスマスで、ふと最近読んだ『コンビニ人間』という小説を思い出しました。

この小説では、「コンビニで働くこと」が何よりも好きな主人公に対して、社会の圧力が次々と襲いかかります。

端的にいうとこの社会的圧力は「普通にしていてほし」という要望に他なりません。

 

まさに日本のクリスマスも『コンビニ人間』と同じで、

「みんなと同じことをしなければならない」という社会的圧力の塊ではありませんか。

これはクリスマスに限ったことではありませんが、日本社会にはこのように「他者に自分と同じことをさせ、みんな同じことであることに気持ち良さを感じる」性質があります。

「周囲と同じことに気持ちよさを感じる人」にとっては居心地がいい国かもしれません。

しかし、周囲と同じことをしたくない「ひねくれた人間」にとっては、この国は息苦しい国でしかないのです。

 

昨今、新型コロナウイルスの影響で、日本にとどまらざるを得なくなりました。

おそらく、ここ10年はこのような状態が続くかもしれません。

いつの日か事態が収束し、海外へ脱出できる時代になった際、日本から出ても生きていけるような力を、今は身につける学習期間と捉えることにしました。

 

はて、「中国のクリスマスを過ごし方」から脱線し、「日本のクリスマスへの不満」にシフトしてきていますが、まあそんなところです。

中国のクリスマスに興味がある方は、実際に中国でクリスマスを過ごしてみましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。