中国語検定の日文中訳で使えるセコい技




 

先日、中国語検定の3級を受験してきました。

合格するために久しぶりに中国語を学習し、帰国して以来さび付いでいた自分の中国語をブラッシュアップできる良い機会でした。

さて、この中国語検定では、筆記試験の第5問目に「日文中訳」、つまり、

日本語の文章を中国語に翻訳する問題が出題されます。

 

例えば、次のような問題ですね。

次の日本語を中国語に訳し、漢字(簡体字)で書きなさい。

(1)私はトイレがどこにあるか知っています。

この問題では、ゼロベースで中国語を自分で書かなければ得点をもらえません。

いわばライティングのような試験ですね。

 

漢字を知っている日本人のため多少アドバンテージはあるものの、

中国語と日本の漢字は異なるので注意が必要です。

中国語では簡体字を用いるので、日本の漢字と微妙に異なっている部位があるのですね。

それゆえ、筆記試験の最終問題「日文中訳」で高得点を上げるためには、

簡体字を暗記している必要があります。

 

ただ、覚えたつもりの簡体字であっても、100%覚えてるとは言い切れず、回答に不安が生じることもあるでしょう。

今回、僕自身も不安を感じたまま「日文中訳」に臨んだのですが、試験中にある「せこい技」を思いつきました。

それは、

他の問題文で簡体字を確認する技です。

 

例えば、「马(うま)」という漢字を忘れたとしましょう。

もちろん日本人ですから「馬」という漢字は頭の中に入っています。

しかし、これは残念ながら簡体字ではありません。

そこで、日文中訳以外の問題文(リスニング・筆記試験)のすべての問題を見直して、

問題文中に上が「马」がないかチェックするのです。

 

そこで例えば、偶然、

妈妈(かあちゃん)

を発見したとしましょう。

幸運なことに「妈妈」の右側が【马】になっていますので、馬の簡体字がわかってしまうのです。

このように問題文をヒントに、簡体字のミス・ド忘れを防止できる「せこい技」があったんですね。

もし、中国語検定の筆記試験「日文中訳」で簡体字を忘れたら、別の問題文にその簡体字が書かれていないかチェックしてみましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。