「中国語検定3級」VS「HSK4級」難易度が高いのはどっち?




 

中国語能力を試す試験には、日本では大きく「中国語検定」と「HSK」が存在しています。

両者は難易度がよく比較されますが、中でも受験者が多い階級、

  • HSK4級
  • 中国語検定3級

はどちらの難易度は高いんでしょうか。

中国語検定の公式ページでは、中国語検定とHSKの難易度の比較の表が掲載されています。

 

http://www.chuken.gr.jp/tcp/outline.htmlより

 

これによると、中国語検定3級はHSK4級よりも難易度が少し高い、とうかがえます。

 

「中国語検定3級」と「HSK4級」の違い

これは一体本当なのでしょうか?

今日は上記2つの検定に両方合格してきた私がその真相に迫っていきます。

 

公式情報の合格目安

まずはHSKと中国語検定が両方を公開している、それぞれの検定の合格目安を見ていきましょう。

中国語検定3級はこちら、

自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。簡単な日常会話ができること。
(学習時間200~300時間。一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。)
発音(ピンイン表記)及び単語の意味,常用語1,000~2,000による 複文の日本語訳・中国語訳。

 

HSK4級はこちら。

HSK4級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストです。
「幅広い範囲にわたる話題について、中国語でコミュニケーションをすることができ、中国語を母語とする者と流ちょうに話すことができる」ことが求められます。

学習目安
1200語程度の常用単語と文法知識を習得している者を対象としています。
大学の第二外国語における第二年度後期履修程度の学習が目安とされています。

 

上記をまとめると次の表になります。

試験 学習目安
中国語検定3級 一般大学の第二外国語における第二年度履修程度
HSK4級 大学の第二外国語における第二年度後期履修程度

中国語検定3級、HSK4級点に学習時間の目安はだいたい一緒。

「大学の第2外国語言語で約2年間学んだ程度の方」を対象としています。

 

単語数

ただし、使われる単語数には少し開きが見られます。

試験 単語数
中国語検定3級 常用語1,000~2,000
HSK4級 1200語程度

ズバリ中国語検定3級のほうが出題される単語数は多いです。

ただし、記載されている「1000〜2000」の意味はよく分かりません。

1000の時もあるのか、はたまた、2000の時もあるのか、と単語数が上下すると考えます。

 

一方、HSK4級は「1200語程度」という単語数はほぼ一定。

まとめると、公式情報によれば出現する単語数は「マックスで」中国語検定3級のほうが多いようです。

 

合格ラインの違い

今度は中国語検定3級とHSK4級の「合格ライン」の違いです。

ズバリ両テストは次の合格ラインを敷いています。

試験 合格基準
中国語検定3級 リスニング、筆記ともに65点以上(100点中)
HSK4級 6割(180点)以上のスコア

これからわかるのは、

中国語検定3級のほうがボーダーラインが高い、ということ。

じつに正答率でいうと「5%」高く合格基準を設けています。

 

それに加えて、各セクションの足切りラインが設定されています。

200点中65%の130を総合で獲得したとしても、リスニング・リーディングのどちらかが合格基準65%を切ってしまえば不合格。

 

一方、HSK4級はリーディング、リスニング、ライティングの各セクションの足切りラインはなく、総合でとにかく180点とれば合格できます。

つまり、リスニングが0点であっても読解と作文で90点ずつ獲得すれば、合格ライン180点に届く計算になります。

 

HSK4級はリスニングが壊滅的でも突破できる可能性があるため、日本人にとって突破しやすいでしょう。

リスニングが苦手であるが一方で、読解・作文に長けた民(日本人)にとっては合格しやすいのがHSK4級の特徴だったんです。

 

これこそ、わたしが5年前にリスニングが壊滅的でもHSK4級に合格できた理由です。

読解と作文だけ頑張れば、HSK4級に合格することは容易です。

したがって、中国語検定3級よりもHSK4級のほうが合格基準はゆるく突破しやすい、と言えましょう。

 

リスニングの違い

ここまで見ると、中国語検定3級のほうが難しそうに思えてきます。

ただし、ちょっと待ってください。

両者のリスニング問題には「ある決定的な違い」があるんです。

 

それは、リスニングの音源が読まれる回数です。

中国語検定3級では、2回音声が読まれますが、HSK4級は1回しか読まれません。

つまり、リスニング難易度を考えると、1回しか読まれないHSK4級のほうが難易度が高いんですね。

 

音源放送回数の「1回」と「2回」は雲泥の差。

中国語検定3級なら一度聴き逃してしまっても、 2回目でしっかりと聞き取ればいいです。

 

一方、HSK4級は一発勝負なので、リスニングの緊張感が違います。

中国語検定3級はリスニングの足切りラインがある一方で、リスニングの音源が2回読まれる、という優遇措置が取られています。

リスニングのセクションでいうならば、中国語検定3級のほうが格段に簡単です。

 

これはおそらく、中国語検定3級の受験者「日本人」に配慮した結果なのでしょう。

中国語検定は日本人しか受験しないと思われるので、ほぼすべての受験者はこぞってリスニングが苦手。

そんな人々に1回しかリスニング音源を聴かせないと、リーディングとライティングとのスコア乖離が激しくなると予想されます。

 

一方で、中国人が取り計らうHSKは、日本だけでなく世界中で受けられています。

そして、日本人以外の世界の人々は、リスニングが得意です。

読解、作文は驚くほど苦手で、世界の中で日本人だけが異常なんです。

HSK4級のリスニングは1回しか再生されませんので、リスニングを苦手とする日本人にとって難易度が高いのです。

 

出題内容の難しさ

以上、実際の数値、データ、出題形式で中国語検定3級とHSK4級を比較してきました。

実際に両者を受験してみて判明したのは、

出題内容の難易度の違いです。

 

個人的に、HSK4級のほうが内容は難しかったです。

というか、自然な中国語が使われていて、中国人ネイティブらしい、中国の現場で使われる実践的な文が頻発していました。

一方、中国語検定3級はどちらかというと、大学の第二外国語の教科書的な問題が多いです。

例えば、ピンインを正確に選んだり、細かい文法事項を正確に記憶している必要があります。

日本人にとって中国検定3級はわかりやすく簡単ですが、一方で、中国人が作っているHSKは難しく、そして自然な中国語で構成されています。

 

こういった面を考慮すると、中国語力を単純に上げるならば、HSK4級がオススメです。

一方、日本人の特性(リスニングが苦手で、リーディング、ライティングが驚くべきほど得意)に沿って中国語上達の階段を登りたいならば、中国語検定3級がおすすめですね。

 

結論:難易度が高いのはどっち?

はい。結論をそろそろ言ってしまいましょう。

どちらが難しいと聞かれたら、わたしならば、

HSK4級のほうが難しい

と答えます。

その理由は、

  • リスニングの音源が1回しか流れない
  • 問題中で使われる中国語の難易度の高さ

という特性があるからに他なりません。

 

ただし、合格ラインに関しては、中国語検定3級のほうが厳しいです。

なんせ、全体の合格基準が5%高い上、リーディング・リスニングの足切りライン付きですから。

「合格できるか否か」という観点でいえば、中国語検定3級のほうが難しいと言えます。

 

両者とも、いいところもあり、悪いところもありで、全く違った性質の中国語テストです。

両方にチャレンジして中国語の能力を磨いてみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。