【口コミ・評判】ECC中国語オンラインレッスンを受講してみた感想




 

深圳大学に4ヶ月留学し、日本に一時帰国したら、学校に戻れなくなって早1年半。

日本ではまず中国語を使う機会がありませんので、中国で鍛え上げた中国語力も日に日に衰えを感じている今日この頃であります。

このままでは、留学の成果が水の泡になる未来が見え見えでしたので、そんな危機感から

日本でも受けられるオンライン中国語レッスン

を受けてみよう、と思い立ったのです。

そこで今回試してみたのが、

ECCの中国語オンラインレッスンでした。

こちらで2ヶ月ほど勉強してきましたので、今日はその赤裸々な感想をメリット・デメリットの両面から紹介します。

 

ECCの中国語オンラインレッスンのメリット

まずはメリットから。

 

講師が本格的

ECCオンラインレッスンの特筆すべきところは、講師のレベルの高さ。

ただの中国語のネイティブではなく、中国語を日本人に教えることに特化した経験豊富な講師がオンラインで対応してくれます。

ECC公式発表には詳しくは書かれていませんが、おそらく、

リアルの対面レッスンにて教室で生徒を指導している講師がオンラインも対応している、と思われます。

前回受けてきたCCレッスンと比べると、講師のレベルが段違いで、レッスンの質の高さを感じました。

講師の方は言語に対する造詣が深く、中国語のより深いところまで教えてもらえたのが有益でした。

 

自分の弱点に気づけた

そんな高レベルの講師と1対1でレッスンできますので、

集団授業では気づかなかった自分の中国語の弱みをあぶり出せます。

やはり、集団授業では個々人の指導にかけられる時間は少なく、どうしても全体の授業進度を気にせねばならないのでこれは仕方ありません。

 

 

わたしの場合、中国語の発音での指導が効力ありました。

中国語力の中でも発音には自信を持っていたわたしは自らの発音に注意を向けることはありませんでした。

「あなたの qi は xi に聞こえます。もっと舌を歯茎に近づけて息をもっと吐いて」

のように、くそ具体的に、どこがどう間違っていて、どうやったら改善できるのかまで指導してもらえます。

 

また、これまで漠然と理解していた軽声についても理解が深まりました。

「軽声の音は前の語よりも少し高くなります」

と。以上のように、集団授業で指摘してもらえなかった弱点、そして、中国語の細かい知識を伝授してもらえました。

ここまで集団授業で中国語を勉強してきた方に、今までの学習成果、そして自らの中国語を矯正するという観点でもおすすめできるのがECCオンラインレッスンです。

 

日本語に堪能な講師

そして、講師の方々は驚くべきほど日本語が達者。

中国語のネイティブではあるが一方、日本語が完璧で日本語で意思疎通ができます。

そのため、中国のネイティブ講師に聞きたくても聞けなかった疑問を日本語で質問し、すべてクリアにできたのが収穫でした。

日本語が喋れるかといって、日本語のだけのレッスンになることはありません。

こちらが中国語で話せば中国語でしっかりと答えてくれますので心配はご無用です。

 

レベルは5段階から選べる

ECCのオンライン中国語レッスンは基礎から応用までレベル1からレベル5まで5段階。

ただ、このようにレベルわけされていても、自分がどのクラスに適切かわかりませんよね。

じつは、ECCのオンラインレッスンでは体験レッスンを受ける前に、組みわけテストが用意されています。

このテストを受けることで、自分に最も適切なクラスを選べるようになっています。

「〇〇がわからないならば、あなたは△△クラスです」

のように、組み分け帽子よろしくECC側で適切なグループを教えてくれるので、クラスに迷うことはありません。

わたしはあろうことか、下から2番目の「基礎クラス」に配属され、大人しく基礎から受けることにしました。

1年以上錆びていていた中国語をブラッシュアップするにはちょうど良いレベルで、中国で学んできた知識を復活させながらレッスンを受けられました。

レベル1〜5まで用意されていますので、中国語知識レベルのゼロの初心者から、ハイパフォーマーの上級者まで対応できるのがECCの強みです。

 

オリジナルテキストを使える

そして、ECCオリジナルの中国語のテキストを用意してくれています。

テキストといっても、紙の本ではなく、ECCのサイト上で確認できる電子テキスト。

このテキストを授業30分前から予習でき、さらにレッスン中もそのテキストを見ながら授業を進めてもらえます。

つまりは、

学習教材を自分で用意する必要はないのです。

かつ、フリートークで無闇に頑張らなくていいのがECCオンラインレッスンの良きところですね。

これは口下手で、特に話題を持っていない人間には朗報で、気兼ねなくオンラインレッスンを継続できます。

 

独自のオンラインレッスンシステム

そして、ECCオンラインレッスンでは独自のレッスンシステムを採用しています。

SkypeやWeChatのサードパーティ製のコミュニケーションソフトには頼らず、独自に開発したソフトを用いてオンラインレッスンを受けられます。

ECCオンラインレッスンのソフトはWebアプリでございますので、ウェブブラウザさえあれば使えます。

特別なソフトをインストールする必要はありません。

 

ブラウザ上でビデオ電話できますし、チャットも打てますし、そしてテキストも閲覧できます。

つまりはウェブブラウザで完結できるオンラインレッスンなのです。

必要なのは自分の顔を映し出す「ウェブカメラ」のみ。

レッスン前に動作チェックできるようになっていますので、カメラが使えるか、音声がしっかりと聞こえるか、環境チェックしてレッスンに臨めます。

 

チャットで質問できる

そして、チャットで中国語の文字を書けるのも有益です。

耳で聞いて分からない表現を講師の方にテキストで教えてもらえます。

書き言葉としても中国語を学習できるのがよき点です。

もちろん、自分でもタイピングできますので、話し言葉だけではなく、書き言葉でも意思疎通できます。

 

画面保存できる

そして、ECCオンラインレッスンのソフトでは画面保存できます。

チャットで教えてもらったり、テキストに書き込んだ重要な表現を画像保存できるボタンが付いておりまして、ボタンはぽちっとしてやるだけで、自動で画像を画面を保存できます。

この機能のおかげで、後々学んだことを復習しやすくなっておりました。

 

時間に超厳密

これはメリットかデメリットか判断しかねますが、超時間厳守でした。

独自のアプリケーションで意思疎通しているため、25分きっかりでレッスンは終了。

会話の途中であっても、です。

ビデオが25分ぴったりに途絶え、レッスンはその場で終了です。

これはある意味ではフェアですよね。レッスンは長引きませんし、短縮されることもありません。

 

朝から夜までやレッスンを受けられる

そして、ECCのオンラインレッスンは朝から晩まで受講できます。

平日は10時から23時。

休日は10時から21時まで受けられます。

講師の方と予定が合う限り、朝から晩まで中国語を学べるチャンスがあります。昼間は学校・仕事で忙しい方も、時間を捻出して中国語のブラッシュアップに割り当てられるでしょう。

 

ECCオンラインレッスン中国語のデメリット

デメリットも紹介します。

 

時差があった気がする

少し気になったのが時差です。

ここでいう時差とはタイムゾーンの時差ではなく、テレビ電話中に生じる時差のことです。

ECC独自のアプリでテレビ電話で意思疎通をとるんですが、少し時差がありまして、コミュニケーションを取りづらかったです。

サードパーティーアプリのスカイプ、WeChatでテレビ電話をする時には感じられない情報伝達の時差がそこにはありました。

どういうことかというと、

自分が話してから、講師に情報が伝わるまで時間かかるのです。

話し終わってしばらく講師の方が無反応な時間があるんです。

この時差のため、自分の中国語が相手に伝わっているのか掴みづらいまま待機しなければならず、いつもビクビクしながら中国語を話していました。

 

料金は高め

オンラインレッスンとしては割高の料金です。

月2回のプランで8360円。

つまり1回のレッスンのあたり4180円かかります。

25分のレッスンでこのお値段ですから、まあまあ高いオンラインレッスンです。

 

ただ、その分講師の方のクオリティは高く、オリジナルテキストも支給され、日々のレッスンごとの学びは多いので、お値段に不満はありません。

ただ、ECCのオンラインレッスンは格安レッスンではない、とだけ覚えておきましょう。

 

以上のように、ECCのオンラインレッスンは本格的な中国語レッスンを1:1でみっちり受けられます。

これまで集団授業で勉強してきた方は、自分の中国語能力をブラッシュアップする良い機会になるでしょう。

ECCオンラインレッスンには無料体験がございますので、気になった方は自らの耳・目で体験してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。