【徹底検証】中国でEvernoteを使えるのか??

中国ではEvernote使えるの??

中国ではインターネットの規制が厳しく、さまざまなネットサービスが使えなくなっています。

GoogleやFacebook Twitterを始めとして、日本では当たり前のように使えるサービスが中国では使えないのですね。

中国に乗り込む前には注意が必要です。

 

それでは、

クラウドメモサービスで有名なEvernoteはどうなんでしょうか??

Evernoteといえば、ドキュメントをクラウドに保存できるので、アイデアや忘れたくないことを保存できるアイテムで重宝している方も多いと思います。

実際に中国でEvernote使えるか検証してみました。

 

 

中国でEvernoteにアクセスしてみた結果

実際にEvernote.comにアクセスしてみると、一旦フリーズ。

そして、evernote.comというURLから、

https://www.yinxiang.com

というドメインにリダイレクトされたのです。

 

そのリダイレクト先のページには「印象笔记」と書いてありますが、Evernoteのロゴですし、オフィシャル感がプンプンしています。

これはおそらく、

中国版の公式のEvernote

なんでしょうね。

日本で使っていたevernote.comと同じメールアドレス・パスワードで新規登録してみたところ、全く新しい状態で何もメモを残されていない新しいアカウントとして使えるようでした。

中国では「印象笔记」という全く別のサービスとして、Evernoteが使えるようになっているみたいですね。

 

中国のエバーノート事情を調べてみたところ、こちらテッククランチジャパンの記事がヒット。

この記事によると、

中国展開したかったEvernote社は、中国現地版Evernoteを全く同じ機能をリリースしたみたいですね。

「印象笔记」というサービスをリリースすることで、中国の市場を取りに行ったみたいなんです。

だから、「印象笔记」ではEvernoteと使える機能は同じですし、同じでありながら、evernote.comとは全く別のアカウントとして利用できることになります。

Evernoteファンとしてはありがたいことを限りなしですね。

 

日本と同じEvernoteのアカウントを使いたい場合は??

しかしながら、中には日本と同じEvernoteのアカウントを中国でも使いたい方がいるかもしれませんね。

例えば、日本で書いたメモを中国でもみたい時などがあると思います。

そういう時は、

VPNサービスで中国のインターネット規制を突破する

という手の残されています。

僕はセカイVPNというサービスを使っているのですが、ちょっと速度は落ちますが、なんとかevernote.comに接続できました。

VPNを使えば、日本で愛用していたEvernoteのアカウントも開けるっちゃ開けます。

ただ、本当に速度が遅くなってしまいますので、書き込みやメモの用途で使う場合は、中国版のEvernote「印象笔记」がオススメです。

この印象笔记は、iOS・AndroidアプリがEvernoteとは別に存在しています。

こちらからダウンロードして使ってみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です