【徹底検証】中国でEvernoteを使えるのか??




中国でEvernote使える??

中国ではインターネット規制が厳しく、さまざまなネットサービを使えません。

GoogleやFacebook Twitterを始め、日本で当たり前に使えるサービスへアクセスできないのです。

 

それでは、

Evernote(エバーノート)」はどうでしょうか?

Evernoteといえば、ドキュメントをクラウドに保存できるアプリです。

Evernote
Evernote
posted withアプリーチ

アイデアや忘れたくないことを保存できるので、重宝している方も多いでしょう。

中国でEvernote使えるか検証してみました。

 

 

中国でEvernoteにアクセスしてみた結果

中国でEvernote.comにアクセスすると、一旦フリーズ。

そして、evernote.comというURLから、

https://www.yinxiang.com

にリダイレクトされたのです。

 

リダイレクト先のページには「印象笔记」と書いてありますが、Evernoteのロゴです。

オフィシャル感がプンプンしています。

これはおそらく、

中国版公式Evernote

なのでしょう。

 

日本で使っていたevernote.comと同じメールアドレス・パスワードで新規登録してみたら、新しいアカウントとして使えました。

中国では「印象笔记」という全く別のサービスとして、Evernoteを使えるのですね。

 

中国のEvernote事情を調べてみたところ、こちらの記事がヒット。

記事によると、

中国展開したかったEvernote社は、中国現地版をまったく同じ機能でリリース。

現地版「印象笔记」をリリースし、中国市場を取りにいったのです。

 

したがって、「印象笔记」とEvernoteは同じ機能を持っています。

しかも、evernote.comとは別のアカウントとして利用できるのです。

evernote.comとyinxiang.comで2つアカウントを使えるので、アカウントが1つ増えたようなもの。

Evernoteファンとしてはありがたいこと限りなしですね。

 

日本と同じEvernoteのアカウントを使いたい場合は??

しかしながら、日本で使っていたEvernoteを中国で開きたい方がいるかもしれません。

例えば、日本で書いたメモを中国でチェックしたい時など。

 

そういう時は、

VPNで中国のインターネット規制を突破する

という方法が残されています。

僕はセカイVPNを使って、なんとかevernote.comにアクセスできました。

速度は落ちますが、日本滞在時にメモした内容を確認できたのです。

 

結論、VPNを使えば、日本で愛用していたEvernoteアカウントも開けます。

ただ、速度は遅くなるのが難点。

書き込みやメモで使うなら、中国版Evernote「印象笔记」がオススメです。

印象笔记は、iOS・Androidアプリが存在しています。

こちらからダウンロードして使ってみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です