HSKの受験者数はどの級数が最も多いのか?




HSKの受験者数はどの級数が最も多い?

HSKで気になることが1つ。

それは、

HSKのどの級が一番人気なのか?

です。

 

ご存知の通り、HSKには「1〜6級」がありまして、全受験者が同じテストを受けるわけではありません。

この観点でいうと、TOEICやTOEFLといった「スコアテスト」とは異なる性質を持っている、と言えます。

スコアの大小はさほど意味をなさず「いかに高い級を突破するか」が鍵なのです。

 

級別の受験者数が気になったので調べたところ、HSKの公式ページには、

日本における全受験者数の推移

しか公開されていませんでした。

どうやら、2018年には「34,018人」の受験者がいたようです。

https://www.hskj.jp/uploads/2018/12/jukensyasu-1999-2018.png より

公式情報ではこれぐらいしかわかりません。

そこで、一般人でも知り得るわずかな手がかりをもとに、級数別受験者数を独自に推測してみました。

 

試験会場に集まった受験者を元に推測

まずは、わたしがお世話になった試験会場で得られた情報から。

今回の試験会場では、受験者が迷わぬよう、次の用紙が配られました。

ここには全受験者の「考生序号」と教室が記載されています。

 

この情報を活用すれば、この会場における「級数別の受験者」を割り出せるではありませんか。

実際に地道に計算したところ、以下のデータが得られました。

級数 受験者数
1 67
2 116
3 216
4 327
5 216
6 203

 

棒グラフにするとこんな感じ。

 

スピーキングテスト(口试)は、「初級」が55人、「中級」が43人、「高級」が44人で、初級が一番多い結果に。

 

このデータからわかるのは、

1級から4級まで徐々に増えていき、4級でピーク。

5・6級の受験者は少し減る、という傾向が読み取れます。

 

検索ボリュームを確認する

ただし、これはあくまでも「1試験会場における1サンプル」でしかありません。

そこで使ったのが、

Google Adwords のキーワードプランナー

ブログ記事を執筆する際、お世話になっているツールでありまして、

あるキーワードが1ヶ月に検索されている数(月間検索ボリューム)を割り出せます。

検索数が多ければ多いほど「関心者が多い」、つまり受験者数の多さに直結する、と考えます。

 

日本エリアで、級数別のキーワードの検索数を調べてみました。

やはり先程の割合に近く、

1級から4級まで徐々に増えていき、4級でピーク。

5・6級の受験者は少し減る

という傾向が読み取れます。

 

2級、ちょっと減ってますけどね笑

 

一方、日本に限らず範囲を「世界」にしてみたところ、次の結果に。

1・3・4級のボリュームは変わりませんが、それ以外の「2・5・6級」のボリュームは微増。

うーん、なんだろう、日本人は1・3・4級が好きなのかもしれません。

 

この結果を見る限り、わたしが受験した受験会場と大体同じ比率を表していました。

つまり、

1級から4級まで徐々に増えていき、4級でピーク。

5・6級の受験者は少し減る

と。

もしかしたら、本当の本当に、これが級数別の割合なのかもしれません。

 

ただし、あくまでも推測の域を出ません。

なんせ、公式発表ではありませんからね。

2018年の受験者数「34,018人」に各級数の割合をかけると、受験者数(日本)を推測できました。

級数 受験者数 割合 推測受験者数
1 67 5.85% 1,991
2 116 10.13% 3,446
3 216 18.86% 6,417
4 327 28.56% 9,715
5 216 18.86% 6,417
6 203 17.73% 6,031

あくまでも推測に過ぎないのでなんとも言えませんが、今後、

最も4級が人気そうである

という憶測をもとにコンテンツ制作しよう、と誓いました。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。