HSKの問題表紙に記載された記号の意味とは?

 

先日発掘したHSKの過去問の「マンチェスター大学による問題」を漁っていたところ、

過去問の表面に記載された「ある記号」が気になり始めました。

これです。

 

 

実はこれ、HSKの本番の問題の用紙にも記載されているものです。

若干、前々から気にはなっていたのです。

そこで今回、マンチェスター大学のHSKの過去問を基に、この記号の法則を紐解いてみました。

 

HSKの問題表紙に記載された記号の意味とは?

マンチェスター大学の1級から6級、口试(スピーキング)を参照した結果、次のネーミング法則を見出しました。

 

H + 級数 + 西暦下2桁 + 問題番号

 

例えば「H51327」ならば、

  • 級数:5
  • 西暦下二桁:13
  • 問題番号:27

なので、こいつは2013年度のHSK5級の問題番号27の問題を意味しています。

最後の「27」という問題番号は、問題ごとに固有に割り振られたID番号と思っておくといいでしょう。

 

ただし、スピーキングテスト「口试」には注意が必要です。

級数の数字の決まりが変則的でございまして、

  • 口试(初級):7
  • 口试(中級):8
  • 口试(高級):9

が割り振られています。

例えば、2013年度の口试(高級)の問題で、問題番号が30でしたら「H91330」になるわけです。

スピーキングテストの問題番号は一筋縄では理解できません。

6級の上にスピーキングテスト番号が割り振られている、と覚えておきましょう。

 

HSKの問題表紙の記号をこの目で確かめてきた

以上は、HSKの過去問から導き出した法則です。

しかしながら、これはわたし独自の仮説に過ぎません。

そこで実際のHSKを受験してきたついでに、

HSKの問題用紙の表面に記載された記号はどうなっていたのか?

それをこの目で確認してきました。

 

以上のような自分の仮説を持ちつつ、試験会場入りしてみると、やはりわたしの仮説が正しいことが判明されました。

なぜなら、2021年度に受験したHSK5級の問題の表紙に、

H521〇〇〇

と記載されていたからです!

つまり、この文字列をみるだけで、

  • 級数:5級
  • 年度:2021

とわかってしまうのです。

 

ただし想定外だったのは問題番号が3桁であったこと。

マンチェスター大学の過去問では、問題番号は2桁まででした。

「3桁は存在しない」と勝手に解釈しておりましたが、まさか本番の試験番号は3桁だったのです。

 

ただし、驚くべきことはそれぐらい。

それ以外はわたしが導き出したネーミング法則に沿っておりました。

 

若干、どうでもいいトリビアでございますが、

HSKの表紙に記載された記号の法則を理解しておけば、

  • HSKの何級なのか?
  • 何年度分の問題なのか?

という2つの情報を察することができます。

さらに、末尾の番号が同じ問題は、内容が同じものと推測できます。

問題番号が違う問題を選ぶことで、多くの種類の問題に挑戦できるでしょう。

ということで、HSKの問題用紙に記載された記号の意味を理解しつつ、試験対策していきましょう。

 

それでは!

Ken