3ステップでわかる!HSK解答用紙マークシートの塗り方




 

初めて HSK受験される方が気になるであろうこと。

それは、

HSKの回答方式

ですよね?

HSKではズバリ、

選択問題の解答は「マークシート方式」を採用しています。

ライティング(书写)、リーディング(阅读)の並び替えの一部を除いた選択問題の割合は8割を超えます。

まあ、つまり、HSKではだいたいマークシートでの回答になるんですね。

したがって、こうとも言えます。

マークシートを制するものが、 HSKを制する、と。

そこで今日は HSKのマークシートの塗り方を紹介します。

 

HSK解答用紙のマークシートはどんな感じ?

まず HSKのマークシートのスタイルから見ていきましょう。

『HSK公認テキスト4級』によると、HSKでは次のような解答用紙を採用しています。

『HSK公認テキスト4級』24ページより

その中にあるのがこちらのマーク。

中国製なのか知りませんが、日本のマークシートとは形式が異なります。

 

そうです。

「かっこ」で「文字」を挟んだようなマークで、ぶっちゃけ、

横に細長いのですね。

日本でよく見られるのは、文字や数字を縦に細長いまるで囲った米粒のようなマーク。

一方、 HSKは横長で、かつ、上下の辺の境界が見えないので、日本人にとっては塗りにくいマークシートなのです。

 

そして、このマークシートはどのように塗ればいいかというと、解答用紙には次のガイダンスが書いてあります。

注意  请用2B铅笔这样写:■

これを

このように、

2B以上の鉛筆でマークしてほしい、と。

それでは、この HSKのマークシートを簡単に塗る方法を紹介します。

 

枠を書く

まずはマークの枠を囲ってあげましょう。

先程申しましたように、単純に文字を「かっこ」で囲んだマークなので、上下2辺がない長方形です。

このままでは上下の境界線がなく、塗りづらいですよね。

そこでまず「かっこ」をくるっと枠で囲い、完璧な長方形にしましょう。

 

塗る

あとはその長方形の中を塗るだけです。

2B以上の鉛筆で中身を塗っちゃいましょう。

 

微調整

最後に見直しですね。

余裕があったらでいいのですが、長方形のマークたちを俯瞰的に眺め、おかしい長方形があったら適宜修正。

例えば、はみ出しちゃってるやつは消しゴムで消して枠に収めます。

逆に、塗り足らない長方形はコソコソと描き足し、完璧な長方形を作成しましょう。

この塗り方さえマスターすれば、マークシートミスによる失点を避けられるでしょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。