HSKの解答用紙では「回答順」に注意しよう




 

先日、HSK4級を受験してきたんですが、うっかり、大きなミスを犯しそうになりました。

それは、

回答の順番を間違える

というミスです。

『HSK公認テキスト4級』によると、HSK4級では次の解答用紙を使用します。

うん、間違いなく僕が受験したHSK本番でも同じ解答用紙でした。

一見、普通の「ありふれた解答用紙」に見えますが、油断することなかれ。

実はこの解答用紙、

回答の順番

に注意が必要です。

 

左書きになれた日本人の感性からすると、

左から右へ進み、右端までいったら下の行へ

という順番で回答したくなりますよね。

しかしながら、HSKの解答用紙では、次の順番で回答します。

 

左から右に移動しつつも、縦書き仕様になってるんですね。

下図のように「波打つ軌跡」を描きます。

日本語の縦書きだと「右から左への移動」が習慣ですので、この回答の順番には少しばかり違和感が残ります。

 

HSKではこの仕様になっていますので、うっかりしていると回答場所を間違えるミスを犯します。

 

例えば、12の回答を16に書いてしまう、という悲劇が十分に起こり得るんです。

HSKの回答の順番は少々トリッキーなので、うっかりミスで減点される悲劇を起こさぬよう、ご注意くださいませ。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。