上位90%で合格!最強のHSK4級リベンジ勉強法




 

HSK4級。

この検定試験はわたしにとって因縁のテストでした。

今から7年前、ギリギリ学生の身分であった頃、HSK2級HSK3級に連続合格を果たし、調子に乗って次のHSK4級も受験

本番の手応えはボロボロ。

「リスニングには手も足も出なかった」と感じましたが、無事に合格。

  • 総合スコア:223点
  • リスニング:61点
  • リーディング:82点
  • ライティング:80点

とまずまずの成績でした。

hsk 4級 合格

 

リスニングに自信がなかったものの、リーディング・ライティングで最強の「日本人特性」を生かし、一発合格できたのです。

合格点180点を悠々と上回るスコアを取得したことで、

「HSK4級なんて楽勝」

というイメージが脳内で出来上がったのはこの頃です。

 

それから4年半後。

社会人になって中国語はご無沙汰になっていましたが、突如、中国留学を決意。

留学前に力試しということで、4年半前に合格したはずのHSK4級を再受験してみたんです。

結果、ボコボコにやられました。

  • 総合スコア:175点
  • リスニング:59点
  • リーディング:50点
  • ライティング:66点

という最悪のスコアに。。

日本人特性も発揮できず、目から耳まで圧倒され、

テスト中に鉛筆が全く動かない、という「大惨敗」を喫したのです。

 

その屈辱から1年半。

中国留学に挑戦。

2019年9月から深圳に4ヶ月留学して学び直し、2021年1月に一時帰国したらコロナの影響で中国に戻れなくなり、早1年が過ぎました。

留学は当分諦めましたが、かつてボコボコにされたHSK4級に1年半ぶり再挑戦したのです。

今回の目標は、学生時のスコアをぶち抜くでした。

単に合格だけが目標ではありません。

「過去の自分との戦い」でもあり、4カ月におよぶ留学の成果を可視化する場でもありました。

 

さて。

そんな人生で3回目のHSK4級でしたが、無事に再合格。

 

過去の自分にも打ち勝つ「273点」という総合成績をマークし、

  • リスニング94点
  • リーディング95点
  • ライティング84点

と目から耳まで好成績で合格できたんです。

パーセンタイルランクを見れば、全受験者の90〜99パーセント上位に入るスコアを叩き出して帰還しました。

 

 

上位90%で合格!最強のHSK4級リベンジ勉強法

ちょっと前置きが長くなりましたが、この記事では、わたしがHSK4級にリベンジ合格を果たした勉強方法を紹介します。

 

勉強時間

と言いつつも、対策期間はわずか1週間。

あろうことか、同シーズンに検定試験に申し込みすぎ、週1で試験を受けていたからです。

しかも、HSK4級の当日はスピーキングテストHSKK初級にも申し込んでいたため、同日に2つテストの対策せねばなりません。

そうです。

「HSK4級にリベンジ合格」と意気込んだものの、ゆとりはありませんでした。

一時の手抜かりが命取りとなる、緊迫した空気感で勉強を始めたのです。

 

使ったテキスト

今回使ったのは7年前、1年半と同じくHSK公式『中国語検定HSK公認テキスト4級』。

これは大変優れた書籍です。

なにより、文法の解説パートが充実しています。

HSK対策だけではなく、中国語の教科書としても機能する書籍です。

もちろん、文法解説だけではなく、本番形式に沿った模擬試験も1回分付いています。

そして、音声をダウンロードできるので、リスニング対策も見事にカバー。

HSK4級の突破を考えた時、このテキスト以外の選択肢はありませんでした。

 

勉強方法

ただし、です。

このテキストを使う上で気をつけたことが1つ。

それは「テキストで学びすぎない」ことです。

文法解説が充実しているだけあって、頭からケツまで順に読むと、

文法の解説を読んで時間が過ぎます。

 

いかんせん、今回は時間がありません。

合格へ最短ルートを辿る必要がありました。

1年半前、わたしがHSK4級にボコボコにされた時は、まさに「わかりやすい文法の解説」にハマりすぎ、結局リスニングにノータッチで迎えたのです。

そして、模擬試験も1度もやりませんでした。

 

今回はその反省点を活かして、まずはリスニング対策から始めました。

Part 5 (第5章)から取り組み、耳をHSK4級のレベルに慣らしました。

リスニング対策を優先させたことは大正解。

 

なんせ、HSK4級のリスニングの難易度は高いですからね。

音声スピードが速く、内容の難易度も高く、一度しか読まれません。

HSK4級合格の鍵は「リスニングの出来」が握っている、といっても過言ではないですね。

 

それでは、具体的にどのように対策したのでしょうか?

それは、わからなかった箇所があったら、文章を音読、シャドーイングすることです。

つまり積極的に「口」を動かしたのです。

決して、耳だけの体操に終わらせなかったのが功を奏しました。

 

リスニング対策を一通り終えたら、今度は模擬試験へ。

本番形式で取り組みながら、リーディング・ライティングの形式を把握します。

わからない問題が出たときに、試験の解説、それでもしっくりこない場合は文法解説に目を通します。

「わからないことがあったら文法を復習する」という都度学習、つまり「ゼロから学ばないようにした」のは正解でした。

これでなんとか模擬試験1回を1回やり終え、当日を迎えることに。

 

今回、HSK4級にリベンジ合格できた1つの要因は「本番への慣れ」を重視したことです。

「中国語力アップ」という生易しい目標ではなく、

HSK級に合格するにはどうしたらいいのか?

を頭の片隅に置き、最短ルートを突っ走った結果が合格に繋がりました。

 

とはいえ、このテキストは良質です。

中国語の復習教材にはもってこい。

頭からけつまでじっくり読みたくなる気持ちも十分わかります。

中国語の知識を固めるため、じわじわ読み進めて自分のものにしていきたいですね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。