短期間対策で一発合格!口頭試験「HSKK口試 初級」の勉強方法




 

HSKのスピーキングテスト「HSKK」。

何を隠そう、

汉语水平口试考试(hànyǔ shuǐpíng kǒushì kǎoshì)

の略でありまして、HSK口頭試験、HSK口試と呼ばれることもあります。

先日、このHSKKの初級を受験し、100点満点中78点で無事に合格で帰還を果たしました。

 

口頭試験「HSKK口試 初級」の勉強方法

今日はそんなわたしのHSKK初級対策を紹介します。

 

勉強時間はどれくらい?

勉強時間はわずか一週間でした。

HSKKの初級と同じ日程で4級に申し込んでしまったこともあり、1週間で2つのHSKを突破せねばなりません。

しかも、2020年11月から12月にかけて調子に乗って検定試験に申し込みすぎ、週1ペースで試験を受けなければならなかった事情もあります。

とにかく対策の時間が足らず、ギリギリの状態で、剃るか剃られるかの瀬戸際で受験してきたテストでした。

 

ただ、わたしの例に限らず、HSKKとHSKのダブル受験を考えている方は多いのではないでしょゆか。

両者は同日程で主催されますからね。

HSKの口頭試験にガッツリ時間をさける方は思いの外は少ないかもしれません。

 

使ったテキスト

今回使ったのは国内唯一のスピーキングテスト問題集といっても過言ではない『中国語検定HSK公式過去問集 口試』。

初級から中級、高級にも対応している公式問題集です。

本試験の流れ、出題内容、そして問題の練習セットを5セットずつ収録。

ぶっちゃけこの問題集さえあれば対策できるでしょう。

ノータッチではなく、本番前に対策するならば必携の一冊ですね。

正直、値は張りますが、この1冊には初級だけではなく、その上の中級・高級まで対策できるポテンシャルを持っています。

ステップアップしながら己の中国語のスピーキング力を向上できると考えれば安いもんです。

詳しくは「HSKK口試対策でおすすめのテキスト」も参考にしてみてください。

勉強方法

今回、学習時間が足りませんでしたので、このテキストで合格につながるエッセンシャルな情報を重点的に吸収。

まずはテスト本番の形式を学び、テスト現場について想像を膨らませ、本番の問題に慣れることに専念。

わたしが今回受験した初級は、1〜3の3部構成。

すべての問題タイプを体験するため、5回分収録されている問題のうち、第1回分のテストを音声と共に挑戦しました。

 

それに加えて念入りに準備したのが、冒頭の個人情報の録音です。

HSKKでは、第1部の試験開始前に、自分のことをしゃべる自己紹介パートが用意されています。

おそらく直接配点には関係ありませんが、全やりとりが中国語でおこなわれるので、テスト前に準備しておくのが身のためです。

 

この個人情報の録音のパートでは、

  • 名前を名乗る
  • 国籍を名乗る
  • 受験番号を名乗る

といった3名乗りが要求され、これ自体もレコーダーに吹き込んでいきます。

 

テスト開始前に冷静でいたいならば、この個人情報の録音も準備しておくことが大事です。

特にわたしがやっておいて正解と感じたのが、3つ目の受験番号の名乗り。

HSKの受験番号は「考生序号」という正式名称ですが、ここの自己紹介では略して「序号(xùhào)」を使います。

準備前、恥ずかしながら「序号」のピンインを知りませんでしたので、事前の準備が功を奏しました。

「序号」を辞書でひいて、ピンインを確認し、何回か発音練習しておいたのは正解でした。

ぶっつけ本番だったら、適当に読むしかありませんでしたからね。

 

このように、実際の公式問題集を活用して、

  • 実際のテスト形式への慣れ
  • 冒頭の自己紹介パートの準備

で無事に合格できました。

わたしと同じく、スピーキングテストでだけではなく、筆記試験も同日程で受験される方は、以上のようなスピード対策がおすすめです。

HSKK初級を受験される際に参考にしてみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。