日本の中華料理店で中国語を使ってみた




 

中国の深センに4ヶ月語学留学し、春雪で一時帰国してから早1年が経ちました。

新型コロナウイルスの影響でもはや中国に戻れず、日本でとどまる生活が続いています。

さて、ご存知の通り、

日本で中国語を話す機会はほぼありません。

1年前に栄華を極めたわたしの中国語能力も日に日に錆びつき、今ではあの頃の面影は1片もありません。

 

日本で中国人と触れ合うなんて、中華料理店ぐらいしかないではあり・・・

は!

あった、ありました。

日本で中国語を使う方法、見つけました。

 

そうです。

「中華料理店」で中国語を使えばよかったのです。

これならば美味しい中華料理を食べると同時に、中国語能力も上達しそうではありませんか。

一石二鳥、一挙両得の中国語学習方法があったんです。

さっそく入店した中華料理店で中国語を使ってオーダーを取ってみました。

 

今回注文するのは「鶏肉のカシューナッツ炒め」と「豆苗」の2品。

ご丁寧にも、メニューには日本語読みと中国語読みの両方が記載されていました。

  • 腰果鸡丁
  • 豆苗

しかし、両者ともにピンインのアルファベット並びはあらかた想像できるものの、声調まで完璧にわかりません。

スマホの中国語辞書アプリ「Pleco」をこっそり開き、細かい声調をチェック。

  • 腰果鸡丁(yāoguǒjīdīng)
  • 豆苗(dòumiáo)

「なるほど・・・腰は一声か・・・・・・」

か声調の準備が整いましたら、勇気を出して中国店員さんを呼びます。

 

そして、

「那一个腰果肌肉,还有…」

と続けようとしたところ、

「はい、鶏肉のカシューナッツ炒めですね」

と中国語ではなく日本語で返してきます。

いや、ということは・・・・わたしの「カシューナッツ炒めの発音」が通じたのか・・・それとも指差しながらオーダーしたから伝わったのか・・・・?

真相は闇ですが、とりあえず意志は伝わってることは確かでした。

 

日本語で返されましたがめげずに、

「还有,豆苗」

と続けても

「はい、豆苗ですね」

と日本語で返され、ついに観念。

「はい、お願いします」

と最後は日本語で答えました。

 

 

結論、この「中華料理店で中国語を使う」という試みは半分成功。

唯一の収穫は「語彙力アップ」です。

メニューに読めない漢字があると、ピンイン・声調を確認せねばなりません。

結果的にオーダーすればするほど語彙力が増えていきます。

 

残念ながら日本語で返されたので、リスニング力の向上にはつながりませんでした。

ただ、その一方で、自分のしゃべりは誰に誰にも止められません。

若干、気持ち程度、スピーキング力向上につながったかもしれません。

日本の中華料理店にお出向きの際は勇気を出し、日頃勉強している中国語を試して「スピーキング力」および「語彙力」の向上に役立ててみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。