日本のマーラータン高すぎて泣きそう




 

最近、中国に滞在していた時のネタを書いていることもあってか、

無性にマーラータンを食べたくなってきました。

マーラータンといえば、具材を自分で選んで入れてもらえるから美味しい中華料理。

日本ではそんなマーラータンのお店は見かけませんが、中国では超メジャー。

200メートルおきぐらいにマーラータンの店があるんじゃないかってぐらい普及していました。

中国で暮らしていた時は、週2~3回ぐらいのペースでマーラータンを食べていましたね。

 

実は日本にも探せばマーラータンのお店があるようでした。

今回は新大久保にあるマーラータンのお店に行ってみましたよ。

これは後で知ったんですが、日本のマーラータンでは次の料理料金システムになっていました。

  • スープ+麺(6種類から選べる):330円
  • 具1個100円

※税抜き価格

 

そして、あろうことか、具材1つ1つが小さいんですね。

それぞれ透明な袋で包装されていますので、中国のマーラータンと比べるとかなり衛生面を考慮しているようでした。

 

久しぶりのマーラータンにテンションが上がりすぎて、大量の具材を投入。

中国のマーラータンは重量で値段が決まるので、その癖が出てしまったんでしょう。

食べたい具材を全て容器の中に入れました。

 

そして、具材を提出したあと、見つけてテンションが上がったのがこちらのココナッツジュース。

中国ではよく見かけるもので、中国で生活していた時には週2~3回のペースで飲んでいいましたので思わずこちらも注文。

 

日本のマーラータンは調理前ではなく、食事の後にお金を払うようになっていましたね。

いくらになるかわかりませんでしたが、マーラータンの完成をとりあえず待ちます。

そんなこんなでできたマーラータンはこちら。

実際に食べてみると、

味付けは中国のマーラータンと変わりません。

久しぶりに本格的な中華料理を食べれたので大興奮ですよ。

 

やっぱり日本にある中国料理とは、使ってるスパイスが違いますよね。

身体が火照ってポカポカになります。

そして、辛いです。

 

辛さは選べて、たしか標準の2辛にしたはずなんですが、ものすごく辛くて思わず先程注文したココナッツジュースで中和。

ココナッツジュースを事前に注文して正解でした。

舌が日本食に慣れてしまっていて、久しぶりの本格中華には舌がスタンバイできていなかったようです。

 

マーラータンは大変ヘルシーで、スパイシーで大満足。

ただ、お会計がいくらになるか定かではなかったので恐る恐るレジに行ってみると、なんと、

1,530円です!!

たけえええええ!?

9点も具材を注文してしまっているのが驚きです。

しかし、食べた後なので、実際に自分がいくつ具材を入れたのか検証できず悔しい思いをしました。

また目を剥いたのが、ココナッツジュースのお値段。

なんと、あれは 300円もしたのです。

中国ではあのジュース、100円弱で購入できる代物。

その日中の価格落差に驚きを隠せません。

 

僕が中国で食べていたマーラータンは大体30元。

日本円だと450円ぐらいですね。

調子に乗って具材を入れすぎた時でも50元ぐらいで、日本円にして750円ほどですから。

日本のマーラータンは中国のマーラータンと比べると、やはり高く感じてしまいますね。

中国にいる感覚で注文してしまうと、値段が跳ね上がって発狂してしまうかもしれません。

なんせ、中国のマーラータンと比べて 2~3倍の値段がするんですから。

しばらくこの価格差に憤ってましたが、冷静になって考えてみると、

日本のマーラータンが高いのは当たり前か、と。

 

なぜなら、今回食べたような本当の中華料理は輸入品だからです。

食材の仕入れに金がかかりますので、そりゃ値段が膨らみますよ。

あのココナッツジュースも日本のスーパーでは売ってませんから、300円するのは当たり前。

これは、中国で日本料理を注文すると高くて泣きそうになるのと一緒で、外国料理を現地で提供するのは金がかかってしまうんです。

日本でも中国の本格的なマーラータンを食べられますが、中国での注文金額とのギャップがありますのでくれぐれも調子に乗って注文しすぎにご注意くださいませ。

 

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です