日本のマーラータン高すぎて泣きそう




 

最近、中国滞在時ネタを書きはじめこともあり、

無性に「マーラータン」を食べたくなりました。

マーラータンといえば、具材を選べる美味しい中華料理。

日本でマーラータン店はそれほど見かけませんが、中国では超メジャー。

200 m おきぐらいに1軒店があるんじゃないかってぐらい普及しています。

中国滞在時は週2~3のペースでマーラータンでした。

だって、美味しいんですもん。

 

もちろん、日本でもマーラータンのお店はなくはありません。

ってことで、今回は新大久保のマーラータン店に行ってみました。

 

日本のマーラータンでは次の料理システムでした。

 

  • スープ+麺(6種類から選べる):330円
  • 具1個100円

※税抜き価格

 

いわば基本料金330円がベースで、あとは追加具材の数でお値段が変わってきます。

ただし、あろうことか、

具材が小さいんですね。

具材が「透明な袋」で包装されていることもあり、中国と比べると衛生面に配慮しているようではありました。

がしかし、それにしても高いし小さい。。

 

お値段を考えると自重するべきでしたが、久しぶりのマーラータンに大興奮。

テンションが上がりすぎて、大量の具材を投入しました。

中国では重量で値段が決まるので、その癖が出たのでしょう。

食べたい具材を「すべて」入れました。

 

具材提出後、気分は中国旅行となりましてココナッツジュースも購入。

中国でよく見かけていたもので、中国ではこちらも「週2~3のペース」で飲んでいました。

 

日本のマーラータンは会計のタイミングが中国と異なっていました。

なんと、調理前ではなく食後に払うのです。

いくらになるかわかりませんでしたが、マーラータンの完成をとりあえず待ちます。

そんなこんなで、出てきたマーラータンはこちら。

実際に食べてみると、

中国のマーラータンと変わりません。最高です。

久しぶりに本格中華を食べられたので大興奮。

 

やっぱり「日本の中国料理」とはスパイスが違いますよね。

身体が火照ってポカポカ。

そして、辛いです。

 

標準の「2辛」にしたはずですが、辛すぎてココナッツジュースで中和。

ココナッツジュースを注文して正解でした。

舌が日本食に慣れてしまい、舌がスタンバイできていなかったようです。

 

マーラータンは大変ヘルシーで、スパイシーで大満足。

ただ、お会計がいくらになるか定かではありません。

恐る恐るレジにいってみると、なんと、

1,530円です!!

9点も具材を注文しているのが自分でも驚きです。

 

また目を剥いたのが、ココナッツジュースのお値段。

なんと、あれは 300円もしたのです。

中国ではあのジュース、100円弱で購入できる代物でしたからね。

日中の価格落差に驚きを隠せません。

 

中国で食べていたマーラータンは大体30元。

日本円だと450円ぐらいです。

調子に乗って具材を入れすぎても50元でおさまります(日本円で750円)。

日本のマーラータンは中国と比べると高く感じます。

 

中国にいる感覚で注文すると、お会計が跳ね上がって発狂するかもしれません。

なんせ、中国と比べて 2~3倍なんですからね。

 

しばらくこの価格差に憤ってましたが、冷静に考えてみると、

日本のマーラータンが高いのは当たり前か、と。

なぜなら「本当の中華料理」は輸入品で構成されるからです。

関税、仲介業者の儲けの関係により、食材調達に金がかかります。

そりゃ、最終会計は膨らみますよ。

 

あのココナッツジュースは日本のスーパーで売っていませんから、300円は当たり前。

この国境をこえた食事事情は、中国で日本料理が高いのと同じ。

外国料理を現地で提供するのは金がかかるのです。

日本でも本格的なマーラータンを食べられますが、くれぐれも注文しすぎにご注意ください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。