中国の無人図書館「响象共享图书」で本を借りてみた

これは無人図書館・・・?

ある日、中国の広州をブラブラしていた時のこと。

突如、見たことがない「自動販売機のような物」を発見!

「报刊亭」と書かれていて、左に自動販売機、右には本が入っていました。

どうやら無人図書館のようで、中には本が入っていました。

「响象共享图书」というサービス。

WeChatアカウントさえあれば、使えるので早速試してみました。

 

中国の無人図書館「响象共享图书」の使い方

だいたいこんな感じ。

 

QRコードをスキャンする

無人図書館を使うためには、QRコードをスキャンします。

自動販売機のQRコードをWeChatで読み取ってみてください。

すると、WeChatのミニプログラムが起動するはず。

 

会員登録

続いては、会員登録。

まず電話番号の認証で、その後にWeChat Payアカウントを紐付け。

 

本の扉を開ける

WeChatのミニプログラムを立ち上げます。

発見>ミニプログラム

と進んで、「响象共享图书」をタップしましょう。

すると、このような画面になるので、

 

「打码借还」というボタンをタップし、スマホのカメラを起動。

 

 

QRコードのスキャナーになると思います。

QRコードを読み取ると、扉のロックが解除されて本を取り出せるでしょう。

 

 

本を取り出す

扉が開いたら、本を出しましょう。

本を出して扉を締めるだけ。

特別な手続きはありません。

 

本を読む

今回借りたのは故事成語の本(児童向け)。

試しに中を開いてみましたが、まったくよくわかりませんでしたね。

僕の中国語レベルは児童レベルに達していないと判明。

雰囲気を味わって返却しました。

 

本を返す

返すときも簡単です。

ミニプログラムを立ち上げて、中央の「打码借还」でスキャナーを立ち上げます。

 

先ほどと同様に、QRコードを読み取ればロックを解除できるでしょう。

 

 

扉を開けたら、先ほどレンタルした本を元に戻しましょう。

 

 

これで返却が完了!

 

今のところ、3日以内に返せば無料レンタルできるようです。

延長料金は「1日1冊0.5元」で、そんなに高くありませんね。

むしろ3日で本を読み終えれば「無料で」本をレンタルし続けられるではありませんか。

大変素晴らしい教育サービスだと思います。

 

しかも、機械の下には「共享书箱」というポストが用意されています。

これおそらく、自分の本を寄付できる制度。

 

 

ここは返却口ではないので、借りた本は入れないようにしましょう。

 

それでは!

Ken