【徹底検証】中国でノマドワークはできるのか?




中国留学するにあたって心配なことがあった

中国留学を考えたときにネックだったのが、インターネット規制が厳しいこと。

中国ではTwitter、 Facebook、 Google、 LINE などの Web サービスが制限されていますから。

留学しながらPCで仕事したいと思っていたのですが、

中国でノマドワークできるんだろうか?

と気がかりでした。

そこで今回、留学前の下見も兼ねて、4日間上海に短期滞在してきました。

ノマドワークを中国でできるのか検証してきたのです。

 

 

中国でノマドワークはできるのか?

結論からいうと、中国でノマドワークは全然できます

ネット速度は遅くなるので効率は落ちますが、問題ありません。

 

VPNを使った

その理由は、VPN サービスでインターネット規制を突破したからです。

セカイVPNを使ったところ、

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

などを使えました。

ただ 、VPN サーバーを介しての接続なので、日本より速度が落ちるのは否めませんが。

速度をのぞいて全く問題はありませんでした。

 

音声入力もできた

ぼくはブログを書いているので、中国で音声入力できるか気になっていました。

VPN を駆使して Google の音声入力を試してみましたが、

速度は遅いものの音声入力で書けました。

 

ただ、中国で音声入力したいならSimej音声入力がおすすめです。

Simejiは中国のBaiduによるサービスなので、中国では規制されていません。

 

理想型は、

中国のEvernoteにSimeji の音声入力で吹き込む

がベストな音声入力体制です。

 

Wi-Fiはあるけど現地の電話番号は必須

今回僕が視察に行ったのは上海。

実際に行ってみると、外国人が使える Wi-Fi はめちゃくちゃ少なかったです。

コンビニやスターバックスで Wi-Fi は飛んでいたんですが、中国大陸の電話番号が必要でした

唯一、電話番号なしでアクセスできたのはホテルの Wi-Fi。

今回は短期滞在だったので電話番号はありませんでしたが、長期滞在では電話番号を取得するので問題ないでしょう。

電話番号があれば、

で無料Wi-Fiが使えます。

 

結論:中国でもノマドワークできる

検証の結果、中国でノマドワークは、

まあまあできる

とわかりました。

VPNを噛ませるのでネット速度は若干落ちます。

ただ、それ以外は問題なく仕事できそうです。中国でVPN使うなら「セカイVPN」がおすすめですね。

 

今回の旅行を経て、中国留学の決心が固まりました。

これから留学準備を進めていきます。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です