フローチャートでわかる!ピンインの声調記号をどこにつけるのか問題




ピンインの声調記号はどこにつける??

中国語の授業で「听写」という小テストがあります。

このテストでは

先生が発音した「単語の漢字」と「ピンイン」を書かされます。

いわゆるディクテーションというやつですね。

 

ピンインのスペルはだいたいわかりますが、声調記号をどこに書けばいいか覚えておらず、間違えることがありました。

今後、同じ過ちを繰り返さないために、

ピンインのどこに声調記号を置いたらいいのか?

を整理しました。

 

『中国語の文法書』の6ページによると、次のようにルールが書いてありましたね。

  1. aがあればのがさずに
  2. aがなければ、eかoをさがし、
  3. i, uが並べば後ろにつけて
  4. 母音1つは迷わずに

なお、iにつけるときは上の点をとってī、í、ǐ、ìのように

 

これを元に、「声調記号の置き方」のフローチャートを作ってみました。

 

 

まずは母音が2つ以上あるか確認。

母音が1つの場合、その母音の上に声調記号を置きます。

 

それでは、母音が2つ以上ある時はどうしましょう?

「a」があれば「a」の上に置きます。

 

「a」がなければ、「o」か「e」を探して、その上に置きます。

「o」と「e」は混じることはありません

 

そして、「a」も「o」も「e」もない場合、「i」と「u」が並びますよね?

そういう時は有無を言わさず、後ろの母音に声調記号をつけるのです。

例えば、「iu」だったら後ろの「u」に声調記号を置くわけですね。

 

 

ピンイン「i」の声調記号は要注意

最後の注意点は、

「i」の声調記号の位置です。

「i」の場合、上にある「点」の代わりに声調記号を書くのです。

ī、í、ǐ、ì

アルファベットの「i」が微妙に変化するのですね。

 

以上の基本ルールさえマスターしてしまえばこっちのもの。

声調記号の位置を間違えずに回答できるでしょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です