無料で最強の中国語辞書アプリPlecoは超おすすめ【← オフラインでも動く!】




 

中国語学習するならば、スマホに中国語の辞書アプリを入れておきたいところです。

世には「中国語対応の電子書籍」もありますが、個人的にはスマホ辞書アプリがおすすめでございます。

なぜなら、中国語辞書アプリさえあれば、スマホがあればどこでも中国語学習ができるからに他なりません。

電子辞書もいいっちゃいいのですが、常に携帯できる利便性から、場所の自由がえられるのがスマホ辞書アプリのメリットですね。

 

さて、じつはこの中国語辞書アプリ業界に、1つ、無敵で、最強の、

世界中の学生がこぞって使っている中国語辞書アプリ

があるんです。

その名も、

Pleco

です。

Pleco Chinese Dictionary
Pleco Chinese Dictionary
posted withアプリーチ

 

最強の中国語辞書アプリ「Pleco」とは?

「Pleco」とは、

無料で使える英中・中英の中国語辞書アプリです。

つまりは、

  • 英語 → 中国語
  • 中国語 → 英語

という2wayで中国語の単語を調べられるのですね。

2021年6月の段階で、iOSもAndroidも対応していて、なんとプライスは無料、freeです。

 

この中国語辞書アプリは、2003年5月にMichael Love(マイケル・ラブ)によって作られました。

当時18歳でハーバード大学の学生だったマイケルは、中国語学習に時間をくそ費やしましたが、記憶力が追いつかず、中国語の単語を覚えられずにむしゃくしゃする日々が続いていました。

しかも、中国語の紙の辞書を引くには時間かかりすぎます。English Speakerであるマイケルにとって、そのストレスは計り知れないものです。

 

そこで、Palm IIIxという機械(PDA)にて無料で使えるオープンソースの辞書アプリケーションを開発。

当初はPalm IIIxでのみ動くアプリケーションでしたが、やがてスマホが登場し、スマホにも対応し、現在ではiOS・Androidに対応しています。

現在では毎日何数百万人という人々が、180の国と地域で活用している定番中国語辞書アプリにまで成長しました。

 

ちなみに、この「Pleco」は日本語ではカタカナで「プレコ」と読みますが、意味は

マイケルが幼少期飼っていた観賞用の魚(Hypostomus plecostomus)のニックネーム。

つまりは魚のニックネームがアプリ名になっているので、アプリのアイコンの漢字も「魚」と出ていますね。

 

実はこのアプリ、日本人の間ではあまり知られていません。

英語対応の中国語辞書アプリということもあって、英語が苦手だから、と敬遠する方が多いのでしょうね。

日本人中国語学習者でこのアプリを活用している人物は正直みたことはないのです。

 

わたし自身、日本で中国語を勉強している間は知りませんでした。

学生時に台湾に1ヶ月留学した時、欧米圏から来ている学生がみな、このPlecoを使っていて、その時に教えてもらったのがこのPlecoとの出会いでした。

 

中国語辞書アプリPlecoの使い方

それでは、Plecoの使い方を簡単に紹介しましょう。

 

ピンインで検索

まずはこの辞書アプリでは、ピンインで中国語の意味を調べられます。

まずは右上で言語を「C(中国語の意味)」にし、中国語の意味を英語で調べるモードに設定します。

そして、検索窓で中国語をピンイン入力すると、入力した中国語の英語の意味を教えてくれますよ。

キーボード検索する際は、左から3番目のキーボードマークを選んでくださいね。

 

そしたら中国語の意味が英語で表示され、しかもスピーカーをタップすれば発音も教えてくれます。

しかも、例文つきと来てますから、まさに至れり尽せり。

 

英語から中国語

そして、ある英単語に該当する中国語を探すことも可能です。いわゆる英中辞書の使い方です。

これは右上のマークを「C」から「E(英語の意味)」に変えればいいですよ。

その状態で、先ほどと同じく検索窓で英単語を検索してみましょう。

例えば「mango」と検索すると、このように出るでしょう。

 

手書きで検索する

そして、ありがたいことに一番左の「筆マーク」をタップすると、手書きで中国語を検索できます。

読み方を知らなくても調べられるのがこのPlecoの良きところであります。

しかも、書いている途中にサジェストしてくれるので、漢字の全てを書く必要すらありません。

 

部首で検索できる

そして、漢字の部首でも検索できます。これは左から2番目の「パズルマーク」ですね。

これは漢字の書きに慣れていない欧米圏の学生のために作られた機能でしょう。

部首検索を使えば、漢字をかけずとも部首経由で漢字を探せるんです。

わたし自身はここまで紹介した「手書き」と「ピンイン」で単語検索していますのであまり使っていませんが!

 

カメラで検索

そして、なんと、カメラに映った漢字をOCR機能で調べられます。

一番右の「カメラマーク」をタップすると、カメラに写った漢字を自動で認識し、漢字をタップすると意味が表示されるのです。

これなら漢字が書けなくても、部首がわからなくても、中国語の意味を調べられます。

 

単語カード

そして、覚えたい中国語の単語はカードに追加。

後々単語カードで復習したり、テストで出題して理解度を確認できたりします。

単語カードに加えたい中国語の単語を右上の「プラスマーク」をタップするといいでしょう。

単語カードを確認するためには、左メニューの「Organize Card」へ進むと、単語カード一覧を閲覧できます。

 

単語テスト

そして、Plecoがすごいのは、

検索履歴をもとにして、自動で単語テストを作成してもらえる点です。

左メニューから「New Test」へ進むと、

自動で検索履歴から単語テストを出題してもらえます。

 

検索履歴

そして、カードに登録しなくても、検索履歴(History)は自動で蓄積されます。

自分が一体、過去にどの単語の意味が分からず調べたのか一目瞭然。

検索履歴をちょっとした空き時間にぱらっと見るだけで、単語の復習も可能です。

 

中国語辞書アプリPlecoの凄いところ

さて、ここまでだけでも中国語辞書アプリPlecoの無双感は伝わったと思いますが、さらに深堀し、Plecoの凄いポイントを畳みかけます。

 

オフラインでも使える

最大で、最も他の中国語辞書アプリと一線を画している特徴は、

オフラインでも使える

という点です。

スマホをネットワークに接続せずとも、辞書アプリをいつでも使えるのです。

 

もちろん、データ通信量を消費する必要はなくエコノミーで済むのはいうまでもありませんが、それに加え、

そもそもWi-Fiがない環境にも使える辞書アプリなんです。

例えば、海外旅行中はSIMカードを買わない限り、電波がない状態が長時間続きますよね?

そのような無・無線環境でも、中国語辞書アプリPlecoは立ち上げて意味を調べられます。

中国語学習者だけでなく、中国や台湾のトラベラーも重宝する辞書アプリなんです。

また、データ通信が必要ないこともあり、動作がサクサク。素早く中国語単語を調べられます。

 

多様な検索方法

そして、このPlecoでは多様な検索検索方法が用意されています。

  • ピンイン
  • 手書き
  • 部首
  • 写真

こんだけあれば、目の前の漢字の意味が分からず途方に暮れることはありません。

 

無料で使える

そして、このスーパー、ハイパー中国語実習アプリは、なんと無料で使えます。

これまで紹介してきた基本的な使い方ならば全て無料で使えるのが驚きべきところです。

ただし、もちろん、非営利のボランティア事業ではありませんので、有料のアドオン機能もございます。

辞書を追加したり、フラッシュカードを導入して単語カードをさらに覚えやすくしたり、などなど追加機能が盛り沢山。

興味がある方は左メニューから「Add on」へ進んでみてください。

 

繁体字も対応

なんと、この中国語辞書アプリは

  • 簡体字
  • 繁体字

の両方に対応しています。簡体字と繁体字の書式が異なる場合は []で捕捉してくれますよ。

もちろん、繁体字をメインに使うことも可能で、左メニューの「簡」をタップすると「繁」に切り替えられます。

 

また、台湾で使われている固有の単語にも対応しています(台湾では自転車は「腳踏車」)。

この機能により、中国大陸でも(簡体字)、台湾でも(繁体字)中国語を勉強できることはもちろん、日本人にとっては単語の暗記効率が上がるというメリットもございます。

日本語の漢字は簡体字・繁体字の中間を採用している事例が多いので、簡体字だけではなく繁体字もチェックすると暗記しやすいのです。

この簡体字・繁体字両方への対応は地味に重宝する機能です。

 

日本語の漢字にも対応

そして、地味に楽しいのが日本語の単語にも対応していること。

例えば、街で見かけた地名のピンイン読みを調べたいと思ったら、Plecoの出番です。

茨城、

姫路、

などなど、日本語の地名をピンイン読みする練習もできるのです。これなら漢字で溢れかえっている日本の街は中国語の格好の学習材料になります(ピンイン読み力を鍛えらえる)。

 

 

以上ですね。

中国語学習するならば、ぜひともこの「Pleco」という辞書アプリはスマホに入れておきたいところです。

ただ、やはり日本人の方が少し不便に感じるのが、日本語には対応していないという点でしょうね。

どうしても、単語の意味を英語で知ることになりますので、そもそも英単語の意味を知らないと辞書として機能しません。

 

わたしはそもそも英語が好きで、よく学習していたということもあり、この中国語辞書アプリを問題なくストレスフリーで使えています。

そして、個人的には、

中国語の単語は英語と対応させた方が覚えやすい、とすら考えています。

なぜなら、日本語と中国語は距離が近すぎるからです。

例えば「忙しい」という単語を見てみましょう。

中国語は「忙」ですが日本語は「忙しい」ですよね。

つまり、中国語の意味を日本語で確認しても、外国語の単語を覚えている気がしません。

何か日本語の単語カードを見ているような気がします。

日本語と中国語は距離が近すぎて、その両者の差はピンインぐらいです。逆に距離が近すぎて覚えづらいのが中国語の単語でございます。

 

一方、英語と中国語ならば、そもそも言語的な距離が遠いので、中国語を外国語の単語として覚えやすいです。

例えば「忙」ならば、英語では「busy」と対応させた方がなぜかしっくりくるのはわたしだけでしょうか。

 

という感じで、Plecoのアプリは英語しか対応していないものの、個人的には、

逆に英語で中国語の単語を調べてそして覚えた方が効率的なように思います。

Plecoは無料アプリですので、ぜひ一度お使いのスマホに入れてみて、肌に合うかどうか確認してみましょう。

 

Plecoは1ダウンロードの価値はあると思いますので試してみてください。

Pleco Chinese Dictionary
Pleco Chinese Dictionary
posted withアプリーチ

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。