深圳大学の近くに「深大南駅」ができたよ




 

深圳大学はあまりにも広大すぎるがゆえ、最寄り駅は4つ存在していました。

こうなってくると、どの門から入場するかによって地下鉄の最寄り駅・路線を使い分けなければなりません。

それゆえ、大学のキャンパスのどの建物に行きたいのかを明確になっていないと、大遅刻してしまう恐れもあるのです。

 

さて、そんな深圳大学に通う学生たちに朗報です。

なんと、新しい地下鉄の駅が誕生が深圳大学の近くに誕生したのです。

 

その名も

深大南

です。

2019年12月ごろに誕生したこの駅は、その通り、深圳大学の南に位置する駅。

僕がかつて住んでいた桂庙新村からも徒歩5分ぐらい。

これまでは僕にとっての最寄り駅は

  • 南山
  • 深大

で、Mobikeの自転車を使っても10分ぐらいかかっていましたので、少し地下鉄に乗るまでが手間でした。

その点、今回の新しい駅の誕生は嬉しい限りです。

 

この深大南という駅には9号線が走っています。

今回の増設は、

9号線と5号線の路線が延びて、そして駅が増えて両者が繋がった

というアップデート。

ついでに5号線と2号線も繋がりましたね。

 

 

その増えた9号線の駅の中に「深大南」があるわけです。

いやあ、凄いです。

4か月滞在しただけで、こんなに駅が増設するなんて日本じゃ考えられないですね。

 

ってことで、「深大南」を使ってみました。

やはり新しい地下鉄の駅とだけあって全てがピカピカ。

 

フローリング、

券売機、

プラットフォーム。

どれもすごく光っています。

 

ちなみに列車に乗ってからも光っていましたね。

どうやらこの9号線エリアは利用者が少なくためなのか、いつも混んでいる地下鉄のはずなのに、楽勝で座れてしまいました。

確かにこれ、マップをみると、「深大南」が所属する9号線の西エリアは、11号線が通っている「红树湾南」か、もしくは5号線が通っている「前湾」に行かないと、路線を乗り換えられません。

はっきり言って、

そこまで便利な地下鉄の駅じゃないのですね。

 

いや、でもでも、素晴らしいです。

中国で生活を始めてから不便だったのが「駅と駅の間が遠い」でしたが、このように短期間で増設してくれると生活の質が上がっちゃいますね。

もし深圳大学の南門方面に行きたい時は、「深大南」を使ってみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です