「声调」の「声调」を間違えて覚えていた恥ずかしい話

あれ、「声调」の「声调」間違えてないか・・・?

先日、

中国語を勉強するほど声调が気になって仕方がなくなる病にかかった

という偉そうな記事を書きましたが、今日、重大な事実に気が付きました。

それは、

声调の声调を間違えて覚えていた

という事実。

今日に至るまで声调のピンイン・声调は、

shēng tiáo

だと思っていたのです。

が、しかし、です。これはとんでもなく間違えで、

shēng diào

が正解。

 

 

アルファベットの並びかたすら間違えてるし、声调の「调」の声调は2声ではなく4声。

間違えに気づいたきっかけは、老师の授業を教室の最前列で受けていた時のことで、

「あれ、老师、声调の最後4声で終わってねえか・・・?」

と気づいたのです。

「え、老师、声调の声调間違えてるんじゃ・・・・?」

と思って辞書で調べてみたら、僕が圧倒的に間違えていたのです。

shēng tiáo

じゃなくて

shēng diào

ですからね!

アルファベットの並びだけではなく、声调まで間違えていてこれは赤面モノ。

どうりで中国人に「shēng tiáo」と言っても通じないことが多かったわけだ・・・・誰か指摘して欲しかった・・・・・

そんな「声调」の「声调」を間違えに一人気づき、密かに赤面していたのでした。

 

 

なぜ「声调」の「声调」を間違えて覚えていたのか?

それでは、なぜ声调の声调を間違えるミスを犯していたのでしょうか??

それはズバリ、

「声调」の「调」に2種類のピンイン・声调があるからです。

 

中国語の辞書アプリPlecoによると、次のような違いになってますね。

Pleco Chinese Dictionary
Pleco Chinese Dictionary
posted withアプリーチ

 

 

  • tiáo :mix, adjust
  • diào:tone

つまり、声调は2つ目の「トーン(tone)」の意味で使いたいので、调は2つ目の「diào」になるのです。

そのため、声调のピンインは、

shēng diào

になります。

僕自身、これまで3ヶ月中国語をガチで勉強してきましたが、間違えて覚えていたのでこれは恥ずかしい。

声调のピンインは「」と身体が、いや、舌が覚えてしまっているので、これから意識的に矯正して声调の声调ミスをなくしていきたいと思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です