「中国語の声調が気になってしまう病」にかかった話

 

中国留学をスタートしてから3ヶ月が経った頃から「ある病」に冒されるようになりました。

それは、

中国語の声調が気になって仕方ない病

です。

これまでなんとなく覚えた気になっていた中国語の単語の声調がいきなり気になり始めたのです。

「あれ、〇〇の声調ってなんだっけ?2声?3声?」

みたいな感じで、単語の声調が著しく気になってしまうのです。

声調を確認するだけのために辞書を引くことが増えてきました。

 

例えば、中国語で「ありがとう」の「谢谢」。

基本中の基本単語なので、中国語を勉強し始めたら1日目ぐらいに出てきそうな単語ですが、これまでなんとなく「谢谢」を理解していました。

谢谢は簡単に発音できて、相手にも伝わるので、声調が気になることはなく、なんとなく谢谢を繰り返していたのです。

 

しかしながら、この「声調が気になって仕方がない病」にかかり始めてから「谢谢」を改めて辞書でひいてみました。

すると、「谢谢」は

4声 + 軽声

の声調でした。

1つ目の「谢」にアクセントを置き四声で発音。

そして、2つ目の「谢」は弱くへ添えるように発音するのが正解になります。

 

改めて谢谢を辞書で引いてみてはじめて

「あ、そうだったのか」

と今までなんとなく谢谢を発音していた自分に気づいたのです。

という感じで、この病にかかることで、

これまで何となく発音していた中国語の発音に正面からちゃんと向き合えるようになりました。

この「声調が気になって仕方ない病」ははっきり言って煩わしいです。

マスターしたと思っていた中国語の単語を改めていちいち辞書で調べることになるのでさあ大変。

時間もかかるし手も疲れます。

 

しかしながら、この中国語の単語の声調にこだわり始めてから、

自分の口で発音する中国語がネイティブに伝わりやすくなってきた感覚があります。

まだ正直よくわからない中国語を口走っていますが、留学初期に苦しんでいた、

ネイティブに伝わらないで「あ?」と怖い顔をされる

という事態は少なくなってきました。

おそらくですが、この「声調が気になって仕方ない病」は中国語学習者が避けては通れない道なんじゃないかと思っています。

もしかしたらですが、この病は自分の中国語レベルが次のレベルに行くまでの「ため」というか「階段の平らな部分」のようなもので、この病を乗り越えたその先には成長が待っていると信じています。

この病がいつ収まるかわかりませんが、今後も「声調へのこだわり」を持って勉強を続けていきたいと思います。

 

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です