深圳大学の学生寮についてそろそろ書いておこうと思う




 

2019年9月から深圳大学に留学して住み始めたのが「学生寮」でした。

中国語が喋れない状態で留学してしまったので、とてもじゃないですが、不動産契約は不可能。

大学まで電車通勤もしたくなかったので、キャンパスのそばに住みたかったのです。

 

じつは、深圳大学にはキャンパス内に留学生向けの方学生寮があります。

しかしこちらは、交換留学生など提携先の大学と関係のある「若い大学生向け」の住居で、僕のような一般の留学生は別の学生寮に収容されます。

「桂庙新村」というキャンパスの隣にある繁華街にある学生寮ですね。

 

僕が4ヶ月生活した深圳大学の学生寮の様子

今日は満を辞して、僕が生活してきた深圳大学の学生寮の部屋を紹介します。

コロナの影響で戻れなくなってしまいましたが、かつて住んでいた住居を改めて振り返ってみました。

 

家賃はいくらか?

まず家賃ですね。

家賃は1ヶ月4000元。半年で24000RMB。

1元15円とするならば、おおよそ60,000円ですね。

 

僕は1人部屋を希望したのでこのお値段ですが、2人部屋・4人部屋というオプションもありますので、共同生活に耐えればもう少し家賃を下げられます。

  • 2人部屋 15400RMB(6ヶ月)
  • 4人部屋 8200RMB(6ヶ月)

というか、2人部屋・4人部屋がデフォルトスタンダードで、僕は「どうしても1人がいい!」と相談した結果、一人で占有できるようになりました。

 

ちなみに、中国では家賃を半年分一気に支払うシステム。

半年分を払えないと、住ませてもらえません。

一気に家賃を払うので、保証人などが不要で嬉しいですが、その分初期段階で大量のキャッシュが必要です。

僕はこのシステムを知らず、家賃を半年分一気に払うために、ATMでクレジットカードのキャッシングを大量に行い、現金の札束を用意して場を丸く収めました。

 

1人にしては広い

僕が滞在した部屋は広くて大満足。

かつて日本で住んでいた6畳ワンルームの部屋の2倍ぐらいあるような気がします。

今までの人生でこんなに広い部屋に住んだことがなかったので、広さに関しては最高に気に入っています。

その要因としては、部屋が1人向けではなく、複数人(2〜4人)で住むことを想定して作られているので、ある程度大きめに作られているのでしょう。

 

家具は備え付け

部屋に家具は備え付けです。

本棚

クーラー

洗濯機、

ソファ、

机、椅子

ベッド

クローゼット

など1人暮らしを最低限するためのセットが勢ぞろい。

 

ただしキッチンはなくて、自炊はできません。

また、椅子が若干質素すぎるのも難点。

あまりにも固過ぎて、僕は住み始めてからタオパオでいいオフィスチェア(5000円ぐらいの)を購入しました。

それから鏡がなかったので姿見も買いましたね。

 

トイレはきつい

「広さ」「家具」ともに気に入っていたんですが、一番ネックだったのが「トイレ」です。

中国式のトイレで、和式を少し平らにしてタイプ。

男性の場合は小便ならば立ってできますが、大便は、屈まないとできず、なかなかにきつかったです。

お腹を壊した時なんて最悪です。

僕の部屋のトイレはあろうことか、流しが壊れていて、水が流せない特殊仕様に。

スーパーでバケツを急遽購入し、バケツに水を注いで流していたんですね。

 

小便は割と流すのは簡単ですが、大便となると、バケツで水を3~4杯流さなければならず高負荷です。

屈まないといけないのと、水を大量に流さないといけないということもあり、大便はなるべく寮ではしないようにしていました。

 

シャワーはトイレで

そして、シャワーはトイレと一緒の「究極のユニットバス」。

中国トイレの話をしましたが、実は、このトイレの上にシャワーが付けられているんです。

シャワーを浴びる時は、トイレの上でおこないます。

 

したがって、排泄物を出しながらシャワーを浴びることだって、できなくもありません。

割とよかったのが、お湯がちゃんと出ること。

毎日温かいシャワーを浴びれるだけでも幸せもんです。

ただし、シャワーの真下に中国式トイレがあるので、たまに手を滑らせてシャワーヘッドを便器の中に落とすこともありました。

 

塗装は雑

ちょっと残念なのが、塗装が雑なこと。

壁の色を塗るときに、わりとアバウトで境界を決めずに塗っているのか、こんな感じでスプレーをかけたような塗装がいくつか見られました。

ただし、これは学生寮だけではなく、深圳大学の塗装もこんな感じ笑

まあ、こういうアバウトのところわりと好きです。

 

郵便物は物流センターへ

ポストはありませんが、郵送物をちゃんと受け取れます。

中国では至る所に「物流センター」のような郵送物が届く場所が用意されていて、自分の荷物がそこに届くようになっています。

例えば、タオバオで物を買ってもそこに届きますし、手紙が届いてもそこへ行き着きます。

荷物が届いたら携帯電話にSMSが来ますので、メッセージを受け取ったら物流センターに行けばいいんですね。

中国では物流センターを基軸とした郵便が基本なので、置き配が当たり前で便利でした。

 

「靴を履く」スタイル

この部屋では靴は履いたまま生活するスタイルで、アメリカと同じ。

靴を脱ぐ習慣がないのか、玄関もありません。

靴のまま生活することになりますね。

僕はサンダルで部屋をうろついて生きていました。

 

インターネットも使える

学生寮ではインターネットも使えます。

ただし、無線ではなくて有線。

詳しくはこちらの「深圳大学の学生寮におけるインターネットの引き方」へどうぞ。

 

立地も良い

あとは学生寮の立地は最高ですね。

深圳大学まで徒歩1分。

ただし、大学のキャンパスは広大なので、キャンパスに入るだけなら1分ですが、そこから教室にたどり着くまでには15分。

遅刻にはくれぐれもご注意くださいませ。

 

そして、この、学生寮がある「桂庙新村」は繁華街で食事処がたくさんあります。

もはやは学生の遊び場、社交の場になっていて、この繁華街に学生が集まってきます。

僕の寮はこの繁華街のど真ん中にあるので、すごい便利でしたね。

食べるものには困りませんし、水などの生活必需品も調達しやすかったです。

 

ちょっとうるさい

ただし、桂庙新村は繁華街なので、活気がある、というか騒がしいですね。

僕は2階の部屋だったので、常時「街のざわめき」が聞こえてくる部屋でした。

ただし、今振り返れば、そんな活気が僕は好きでした。

日本にはこういう町、少ないですからね。

 

門限は12時

学生寮なので門限はありました。

桂庙新村という町は始終さわがしいわけではなく、夜の12時頃になると学生は「ぱたっと」いなくなります。

おそらく、どの学生寮にも「夜12時」という門限があるのでしょう。

僕の学生寮も入り口の扉が夜12時で閉まってロックされる決まりになっていました。

僕が寝るのはだいたい街が静かになった夜12時頃でしたね。

街が静かになると、自然に眠くなるのです。

 

洗濯物は干す

洗濯機はありましたが、乾燥機はありません。

中国にはコインランドリーのような場所がないので、みんな洗濯物は干してましたね。

日本と異なるのが洗濯物を干すのが「高い位置」にあるということ。

部屋のベランダのような場所に干していたのですが、干す場所が高いので、「洗濯物を干すための棒」を購入。

その棒で洗濯物を高い場所につるしていました。

なぜか高い場所につるすと乾きがいいためなのか、日本よりも洗濯物の嫌な臭いがせず、満足のいく洗濯環境でした。

 

深圳大学で中国語を学ぶなら学生寮はおすすめ

いやあ、以上です。

この住居にかれこれ8ヶ月ぐらい帰れてないのですから。

 

今思えば「深圳大学で中国語を学ぶ」という目的で考えれば良い場所でした。

大学のキャンパスまで近いですし、繁華街にあって色々便利。

荷物もバンバン受け取れます。

ただし、

  • 門限が12時
  • トイレが最悪
  • キッチンがなくて自炊は不可能

というデメリットもありますけどね。

コロナの影響で中国に帰れなくなり、泣く泣くこの部屋を引き払うことにしました。

残してきた荷物は(スタッフによると)保存されているようですが、正直どうなっているかわかりません。

中国に帰れる日が来るかわかりませんが、早く帰ってあの「活気のある街」で暮らしてえなあ、と思う今日このごろです。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です