コロナで深圳大学の授業はオンラインになったよ




 

2019年9月から深圳大学で中国語を学んでいましたが、12月31日に秋学期は終了し一時帰国。

1月中旬に帰国し、2月中旬からまた中国に戻る予定でした。

がしかし、ご存知の通り、1月初旬ごろから中国でパンデミック。

大学もその状況を踏まえ、

「新学期始まるまで中国に戻ってこないでください」

としきりに連絡があり、日本で待ち続けていました。

 

しかし、今度は日本側でコロナが拡大。最終的に、

日本から中国へ入国できない

という事態に陥り、住んでいた学生寮にも戻れなくなったのです。

 

授業はオンラインへ移行

しばらく大学から音沙汰ありませんでしたが、3月中旬頃からオンライン授業(お試し版)がスタート。

まずは2週間、週2回で1時間授業を始めたのです。

「無料」だったので、わたしもオンライン授業に参加してみました。

 

クラス分け

まずはクラス分け。

オンラインで問題を解いてレベルをチェック。

前学期の成果もあって「中級」に配属されました。

 

オンライン授業の様子

授業はオンラインツールのZoomで。

老师がパワーポイントを作り、スライドを見ながら、老师がしゃべり、我々は授業を聞くスタイルです。

ただ聞くだけではなく、たまに老师から当てられ

「〇〇さん、ここ読んでみて」

と、文章を読むミッションを与えれます。

わたしも何度か当てられたんですが、リアル授業よりも無駄に緊張し、声は間違いなく震えていたと思います。

 

ただ、自分が発言するのはその時ぐらい。

老师から質問されたり、ペアワークで同学と朗読する時間はありません。

老师の声は非常にクリアで聞き取り易く、良質なマイクを使ってくれていたのが助かりました。

 

教材は何を使うの

使う教材は前から使っていた『成功之路』。

しかし「中級」では、初級とは異なり、新テキストを購入する必要がありました。

 

中国にいないので教材を購入できず、手元に教科書がない状態に。

予習も復習もできず、授業についていくのが辛かったですね。

しかも、わたしは日本人補正で中級に配属されたので、授業では常に息切れ状態。

 

と、こんな感じのトライアル授業が4回催されました。

その2週間後から本格的にオンライン授業がスタート。

前回と同じくZoomによるオンライン授業が、週5日1日3時間。

 

しかも、ヨーロッパ勢の時差を考慮して、

  • 午前の部
  • 午後の部

を設置。

わたし自身、学費をすでに払っていたので、オンライン授業を受ける気満々でした。

 

しかし、トライアルした上で、

週5日3時間、日本で中国語のオンライン授業を受けていていいのだろうか

とふと思ったのです。

中国留学の目的は、中国で生活することも半分ありました。

中国に戻れなくなった今、中国語を学び続ける理由が薄くなったのです。

 

しかも、トライアルの結果、自分がしゃべるのは「言われた文を読むとき」だけです。

フェイスtoフェイスの授業よりも学習密度は低い、と感じました。

それに加え、テキストが手元にない学習体制も好ましくありません。

 

そう考えた時、答えはこうでした。

中国留学プランは一旦白紙に戻そう、と。

ここは冷静に「プランB」に移行すべきなのではないか、と。

 

そこで、図々しくも深圳大学に連絡して、急遽参加を取りやめることに。

授業料を払い戻し、学生寮を引き払い、中国留学は無かったかのように生活する、と決めたのです。

万が一、コロナウイルスが死滅し、中国に戻れる時きたらその時はもう一度学びたいです。

学生寮に残してきた荷物を整理し、銀行口座に残ったカネを使い果たし、きれいさっぱり帰国したいですから。

今回は、すぐに中国へ戻る予定だったので、多くの資産を中国に残してきました。

 

ただ、全世界にウイルスが広がった今、前と同じ生活を送るのは当分難しいでしょう。

次の学期もオンライン授業となる見込みです。

興味がある方は応募してみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。