深圳大学の学生寮でインターネットを使う方法




深圳大学の学生寮でインターネットに接続する方法は??

深圳大学の学生寮でまずやりたかったのが、

寮でインターネットを使えるようにすること。

部屋でもブログを書いたり、中国のドラマを見たり、やることは山のようにありましたから。

ドラマを見て「中国人の振る舞い」を勉強したかったので、インターネットを使えるようになることは第1の優先事項。

先日、無事にインターネットを引き終えて、生活が軌道に乗ってきたので、今日はその方法をメモしておきます。

 

キャンパスWi-Fiに契約する

寮でインターネットを使うためには、

キャンパス内のWi-Fiと契約すればオッケーです。

キャンパス内にある

  • 中国移動
  • 中国電信

の2つの会社で契約できます。

ただ、「中国移動」は「中国移動の携帯電話番号」を持っていないと契約できません。

 

僕自身、携帯電話は「UNICOM」と契約したので、2つ目の「中国電信」でインターネット契約しました。

ちなみに、キャンパス内の「中国電信」はここ↓

プランは次の3つです。

ネット速度 月額料金(元)
8M 15
12M 30
20M 45

支払いにはキャンパスカードが必須。

また、「中国銀行の口座」と「キャンパスカード」を紐付ける必要もあるので、口座を作ったらキャンパスカードセンターへ行きましょう。

 

さらにその後、「通用代扣费」にお金を入れねばなりません。

キャンパス内にある機械を使えば入金できますね。

 

「LANケーブル」と「コネクター」を買う

学生寮の部屋に次のような差し込み口がありませんか?

ここにLANケーブルをさし、パソコンに接続するとインターネットが使えます。

今のところ、有線しかわからないので有線の接続方法を紹介します。

 

まずLANケーブル(5m)を15元で購入。

LANケーブルをパソコンと接続する「アダプター」も78元で手に入れました。

初期費用はこれらの合計93元。

キャンパスWi-Fiを契約した中国電信で購入できました。

 

専用ソフトをインストール

LAN接続してブラウザを開いてみると、深圳大学のページにしかアクセスできません。

これでは使い物にならないので、ページ右側にあるリンクから「専用のソフト」をインストール。

Macの場合は「苹果客户端」、Windowsは「学生区Windows上网客户端」へ進みましょう。

ぼくは Macなので「DrClientNS」をダウンロードしました。

 

接続設定する

ソフトを無事にダウンロードできたら、DrClientNSを立ち上げます。

 

まず契約会社を選択。

 

 

中国移動の方は「宿舍区移动」、中国電信なら「宿舍区电信」ですね。

すると、次のような画面がポップアップ。

「账号」に学生カードの番号(校园卡号)を、「密码」には8を8個入力。

これでログインできると思いますよ。

 

どれくらいの回線速度なのか

一番速い20Mプランで契約しましたが、fastで計測してみたところ、

140kBps

でしたね。

 

ただ、回線速度計測のサーバがサンフランシスコにあることも影響しているかと。

中国のサーバーにアクセスするならもっと早いんじゃないですかね笑

 

まあまあ快適に使えていて、中国のサイトで動画再生するならば問題がありません。

夜は混みますが、朝と昼はわりかしネット速度も速いです。

深圳大学の寮でインターネットを使いたい方は試してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です