2時間かかった!深センから中山までの行き方




深センから中山までどうやっていくの?

広東省の「中山」という都市をご存知でしょうか。

広州の南、マカオの北という絶妙なポジショニングのこの街。

先日、中山ハーフマラソンに出場するため、深センから中山まで移動してみました。

今日はその僕がたどった

深センから中山の行き方

をメモしておきます。

 

 

深センから中山までの行き方【列車ルート】

深センから中山までの行き方はだいたいこんな感じ。

 

 

 

列車チケット購入にパスポートが必要なのでお忘れなく

 

 

深圳北で列車に乗る

発着のスタートの駅は「深圳北」。

深圳北駅の「售票处」でチケットを買い求めなければなりません。

じつはここが一番地獄。

待ち時間が長くて死にそうになりました。

 

パスポートでは自動販売機で購入できず、窓口にいかねばなりません。

長蛇の列に並び、20分で自分の番が来ましたが、

4時間後のチケットしかない

という事態に。

 

あまりにも想定外の時間帯だったので、

「ちょっと一回考えさせてほしい」

と、列を離れて、いろいろ方法を探してみたんですが、やはり列車しか手段はなく、没办法。

4時間後の列車で移動することに決めました。

 

しかしながら、再び並ばなければならず、20分待ち。

ようやく窓口でチケットを購入できました。

僕が購入できたのは次のチケットです。

  • 深圳北 20:41 →  广州南(99.5元)
  • 广州南 21:50 →  中山(40.0元)

広州南までは二等席が全て売り切れで、1等席のみ。

そして、広州南から中山までは席なし・・・!

これで合計139.5元で、時間は2時間弱ぐらいのようです。

 

待ち時間は、深圳北駅のフードコートで食事。

その後図々しく居座ってパソコンを広げて作業。

混んできたタイミングで近くのカフェに移動し、作業で時間を潰しました。

何もせず現地に乗り込むと、希望時間帯でチケットを購入できず、無意味に長時間待つことになります。

 

列車に乗る

「深圳北」から「広州南」まで列車で移動。

時間は30分ぐらいで、新幹線のような列車なので指定席。

足を伸ばせる快適なシートでした。

 

中国の列車は、むしろ空港に近いですね。

発車20分前にゲートが開き、そこで初めてホームに行けます。

そして、ホームに行くためには身分証確認ゲートをくぐらなければなりません。

パスポートしかない外国人は、端っこのゲートで「人による審査」を受けましょう。

 

列車を乗り換える

一旦、「広州南」で降りて階段を登り、ホームから出ます。

すると、空港の待合室のような空間が現れて、そこで再び待つのです。

15~20分前になると、ゲートが開放され始めますよ。

中国の列車では、発車時刻「15~20分前」に乗り乗り込みが開始される仕組みなので、

乗り換え時間が短すぎると乗り遅れるかもしれません。

乗り換え時間は「30分ほど」確保しておくといいでしょう。

 

中山駅で降りる

広州南から中山までの列車は、席がありませんでした。

チケットに「无座」とあって、これはつまり、

席がない

ということ。

30分程で到着したので、苦にはならずラッキーでした。

 

タクシーに乗る

さて、中山駅に到着。

駅の外に出ると、タクシー乗り場があるので、公式のタクシーに乗りました。

途中、白タクの兄ちゃんが話しかけてきますので、話を聞かないように要注意です。

まあ、何言ってるかよくわからんかったんですけどね笑

 

市街地までは大体20~30分ぐらい。

途中、ドライバーがガソリンスタンドに寄るハプニングはありましたが、なんとか無事にホテルに到着。

 

 

列車のチケットは予約しておこう

という感じで、列車で深センから中山まで行く場合は、

チケットの購入

が最も困難です。

オンラインで予約してから駅へ向かったほうがいいですね。

帰り道は同じルートでしたが、行きの反省を活かし、オンラインで予約しました。

チケット予約は「Ctrip」というサイトがおすすめですよ。

列車のチケットは予約してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です