深センの地下鉄でWeChat Payだけで乗る方法




深センの地下鉄をWeChat Payだけで乗りたい!

深センの地下鉄は大変便利。

本数が多いし、路線の種類も豊富ですからね。

 

ただ、1つだけ「ネックなポイント」がありました。

それは

チケット購入

です。

 

「現金しか持っていない時代」は本当に苦痛でした。

「大きな札」が入らないので、何とかコイン、1元・5元・10元などの「小さい札」を用意せねばなりません。

わざわざ水を買って、釣銭を作り出したこともありましたから。

先日、やっとWeChat Payが使えるようになり、WeChat Payで深センの地下鉄に乗れるようになりました。

 

 

WeChat Payで深センの地下鉄に乗る方法

前提として、WeChat Payが使えるようになった方を対象としますよ。

 

QRコードをスキャン

改札前に行くと、お姉さんの看板が立っているでしょう。

ここには

と書かれているので、そこに書いてあるQRコードをWeChatでスキャン。

すると、WeChatのミニプログラムが起動しますよ。

 

電話番号を認証

電話番号の認証。

電話番号を入力すると、SNSに認証番号が届きます。

それを入力して電話番号の認証を完了。

 

支払い先の口座を決める

続いて、引き落とし口座を指定。

 

 

QRコード出現

ここまで終わると、スマホだけで地下鉄に乗れます。

QRコードが出てくるので、

 

改札のQRコードリーダーにかざせばいいのですね。

 

 

すると、扉が開いてプラットフォームに入れちゃいます。

チケットを購入する手間が省けているので「ウルトラ楽」ですね。

 

ショートカット作成

しかしながら、これはあくまでも「WeChatのミニプログラム」。

アプリとして独立していません。

改札を通る度にWeChatアプリを立ち上げて、ミニプログラムを探すのは面倒くさいですよね。

そこでおすすめなのが、

ショートカットをデスクトップに召喚する方法です。

 

「発見」から「ミニプログラム」と進んで、

 

「乘车码」を選びます。

 

 

QRコードを表示させ、上の「三つの点マーク」をタップ。

 

 

すると

デスクトップに追加

が出てくるのでそちらを選びましょう。

 

デスクトップに「乘车码」のアイコンが登場するでしょう。

 

 

降りる時もQRコードで

改札から出るときも同じ。

QRコードを表示させ、バーコードリーダーにかざすだけ。

 

 

ミニプログラムを起動し、QRコードを表示して改札を通ればいいのです。

支払いが自動で完了し、外に出られるでしょう。

 

 

深センの地下鉄はWeChat Payさえあれば良し

以上、深センの地下鉄でWeChat Payを使う方法でした。

スマホだけあれば良くて、チケットを買う手間も省けています。

パスモやスイカをチャージする必要すらありません。

スマホだけ持っていれば地下鉄に乗れちゃいます。

 

ただ、若干心配な点は、

スマホの電源が死んだらどうするのか?

ですかね。

改札入った時は電池あったけど、出る時電池切れちゃったらどうするんだろう・・・とは思います。

それにしても、めちゃくちゃ便利です。

WeChat Payデビューした方は、深センの地下鉄でもスマホ決済してみましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です