東京と深圳の日没時間の違いについて




 

新型コロナウイルスの影響で以前暮らしていた深圳に帰れずに早1年が経過。

2019年9月から留学したので、去年は中国の深圳で冬を越しました。

打って変わって、今年は日本で冬を迎えたんですが、1点だけ、あることに違和感を感じました。

それは、

日没時間が冬が深まるにつれて早くなる

ということ。

特に11月を過ぎたあたりから、日が短くなりすぎ、冬至付近では17時になると日が沈んであたりは真っ暗。

そんな日本の冬を2年ぶりに味わい、

あれ、日本ってこんなに日が暮れるの早かったかな・・・・

と思ってしまったんです。

 

すると当然気になってくるのが、

日本(東京)と深圳の日没時間の推移の違い

です。

僕が1年前に過ごした深圳では、どのように日没時間が年間で推移していたんでしょうか?

 

今回の調査にはこちらの「日の出日の入り時間検索」を活用しました。

Sunrise Equation」という数式に「ある場所の緯度と経度」を入力し、日の出・日没時間を自動で算出してくれる素晴らしいウェブサービス。

深圳と東京の日の入り日没時間を調べて、グラフにしてみました。

 

 

すると、夏至付近の6月・7月は深圳と東京の日没時間に違いはそんなに見られません。

ただ、1年中ほぼ同じではなく、日没時間に差が出てくるのが秋が深まる9月。

そして、10月・11月、冬至を迎える12月です。

その以降の1月・2月・3月も両者の日没時間に開きが見られます。

そして春を迎えて5月頃から、ふたたび大体一緒の日没時間になる推移が見られます。

 

日没時間の差をグラフにするとこんな感じ。

冬至の前後である1月・12月で最大の開きになり、なんと1月では日没時間の違いが1時間12分生じていたのです。

 

なぜ日没時間の推移が異なるのか?

それではなぜ、東京・深圳で夏はだいたい日没時間が同じなのに、冬は差が開いてしまうんでしょうか?

調べてみると、その理由は「地球と太陽の関係」にありました。

ご存知の通り、地球はまっすぐ自転しているわけではなく「地軸」と呼ばれる鉛直方向(公転軸)から23.4度傾いて自転しています。

そして、地球が傾いている方角に太陽がある時が夏。

ぴったり傾いている方角の直線上に太陽がある時が「夏至」に当たります。

この夏至の場合、北半球では緯度が高かろうが低かろうが、自転することで太陽が当たる時間は変わりません。

 

さて、この地球が太陽の周りを公転し、逆に地球の傾き傾いている方角の逆向きに太陽があるシーズンを考えてみましょう。

これがいわゆる冬というやつで、この傾いている方角の真逆の直線上に太陽がちょうどある時が冬至。

 

この冬シーズンの場合、緯度の高さがもろに日没時間に直結します。

緯度が高いと、少し自転したら、そのエリアは影に隠れてしまうので、日没時間は早いんです。

逆に赤道付近の「緯度が低い地域」は、冬であっても太陽が当たる時間が短くなるわけではありません。

 

東京の緯度は「35.7」、深圳の緯度は「22.5」で、両者は「13.2」の差が見られます。

そして、この緯度の差が日没時間に影響するのは冬シーズンです。

 

試しに深圳よりも赤道に近いシンガポール(緯度1.35度)をみると、

1年を通して日没時間はほぼ19時で変わりません。

最長の日没時間で2月の19時20分、最小の日没時間が11月の18時50分です。

このように緯度が低く、赤道に近いほど、日没時間が1年を通して変わらないのです。

 

いやぁ、改めて緯度大事ですね。

冬になっても日が長い赤道付近に住みてええよ

と思う一方、

日没時間の変化は「四季の感覚」を与えてくれるものだと気が付きました。

日が早く暮れるシーズンがあるからこそ、日が早く暮れない夏の時間にも味わいが出てくるものです。

 

4ヶ月という短い期間ではありましたが、日本の国外の深圳に移住することで、母国日本の意外な一面に気づけました。

中国留学してみたい方は母国日本を飛び出して移り住んでみてください(←コロナが収束したらですけどね!)。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。