中国で焼き魚を食べるなら「すき家(食其家)」に行こう




中国でも「焼き魚」を食べたい!

中国に長期滞在すると食べたくなるのが

焼き魚。

中華料理で「魚」は使われてるっちゃ使われているのですが、もちろん、

バリバリに調理されているものばかり。

ドロドロだったり、サクサクに揚がっている魚だったりします。

日本食のように、

シンプルに焼いただけの魚

は存在しないのです。

 

しかしながら、そんな中国でも「日本の焼き魚を食べる抜け道」が存在しています。

それは、

すき家

です。

中国では「食其家」という名前で愛されています。

家から少し離れますが、焼き魚のためにすき家へ遠征することもしばしば。

 

中国のすき家にはどんな焼き魚メニューが存在しているのでしょうか??

なんとここには、

さんまセット

があります。

このセットには、

  • 牛丼
  • 味噌汁
  • おしんこ
  • 温泉卵

に加えて、

さんま

がついているのです。

 

 

ボリューム満点ですね。

 

焼き魚のサンマは一応、牛丼の「サイドメニュー」でメインディッシュではありません。

しかし、このサンマは美味しいです。

日本食の味付けで、すこぶるシンプル。

料金も高くないし、中国で焼き魚を食べたいなら間違いなく「すき家」に行くべきですね。

思わずこのメニューを見た時、

「これだよ、俺が求めた魚はこれだよ」

と密かに歓喜した覚えがあります。

 

もちろん、すき家の魅力はさんまだけじゃありません。

茶碗蒸しセットなどのバリエーションもありますよ。

牛丼の味は「日本の牛丼」とまったく同じ。

日本食が恋しくなったらすき家に行きましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です