【中国語発音】”一” の声調変化のまとめ

 

先日、中国語の声調が気になる病にかかった、と書きました。

声調にこだわりだすと気になってくるのが、

「一」の声調です。

「一」の場合、後に何が来るかで声調が変化する特殊な性質を持っているからですね。

この「一」の声調変化の法則を理解していないと、ときどき「一」の読み方がわからなくなって、適当に発音してしまうときがあるでしょう。

 

“一” の声調変化のまとめ

今日は「一の声調」の変化を自分の中でしっくりこさせるためにまとめてみました。

参考にしたのは「中国語の文法書」という書籍の16ページです。

 

「一」の本来の声調は?

まず押さえておきたいのが「一」の元々の声調。

後ろに何が来ようが、元々の声調は「一声」なのです。

 

 

この本来「一声」である「一」の声調は後ろにくる単語によって次のように変化します。

 

後に「四声」→ 「二声」で発音

一の後に四声が来た場合、一の声調は「二声」になります。

 

 

例えば、

块芒果( kuaì máng guǒ)

とかですね。

ただし、注意が必要なのが「隠れ四声」が後ろに来る場合ですね。

四声が変化して「軽声」になっている場合も、「一」を「二声」で読むのです。

例えば、

个芒果( ge máng guǒ)

のような「个」がそれに当たります。

 

後に「一・二・三声」→「四声」

お次は四声以外の「一・二・三声」が後ろにきちゃったら「四声」で発音しましょう。

 

 

例えば

般(bān)

ですね。

この場合、「般」は「一声」なので、その前の「一」は「四声」で発音します。

後ろにくる声調のパターンが一番多いので、経験則的に「一」の声調は「四」である場合が多い気がします。

 

後ろに何もない → 「一声」

今まで「一」の後に漢字が来るケースを紹介しましたが、場合によって「何も来ない時」があります。

そういう例外は、

オリジナルの一声で発音しましょう。

例えば、

(tǒng

です。

このように「一」で終わっている単語は本来の一声で発音します。

 

序数、数字の粒読み

その他にも例外があり、

  • 序数
  • 数字の粒読み

です。これも同様にオリジナルの「一声」で発音します。

 

 

序数は「何番目」などの序列を表す数字の使い方で、例えば

一月(yī yuè)

とか。

 

「粒読み」とは年代などのように数字が連なっている場合。

粒読みに当てはまる場合、

「一」の声調は「一声」で発音します。

たとえば、

1997年( jiǔ jiǔ qī nián)

とか。

 

ただし、電話番号や部屋番号では「一」が「yāo」と読むので要注意。

七(qī)の発音と区別するためにこのように発音するようです。

 

 

「一」の声調を制するものは声調を制する

という感じで、「一」の声調の変化は何気に大変。

例外もたくさんあって厄介ですね。

気をつけるべきは、

  1. 後ろに「四声」がくる
  2. 本来の「一」の声調で読む時

の2つ。

この少数派に当たるケースを覚えてしまって、あとは四声で読んでいけばいけるんじゃないですかね。

ただ、このような声調のルールは頭で考えるよりも、

発音する時の違和感を感覚的に覚える

という身体、舌で覚えていくのが一番かと思います。

ただ、ときどき理論に立ち返りたくなる時があるので、そういう時はこの記事で復習しましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です